≫ EDIT

急接近!!

いえいえ、決して急っていうことはないのです。
やっぱり、徐々に徐々に・・・だったんです。

ちまきが近づくと ウーウー 怒ってばかりのカノン。
ちょっと気に食わないとガウガウッときつい目に・・・
それでも、少しづつその状態が減ってきていました。

といってもつい先日は、ちまきを押さえつけて耳の辺りを噛んでいました。
かなりの怒った声で。
私は自分が食べるミカンの皮をむいていて、
その前に何があったのかはわかりません。
またもや、飛んで行って仲裁&怒号!!でした。
私は群れのボスとして君臨していなければなりません。

まぁ、そんあこともあり~のながら、カノンはずいぶん落ち着いてきています。
カノンは、たぶん、ちまきが怖いのだと思います。
ちまきの存在が、得体の知れない〇〇 なんだと思います。

ちまきは、とってもいい子で、
カノンのウーとかガウとかには、全く逆らわず、そして逃げず、
ただ小さくなってやり過ごしていました。
でもちっとも尾を引きません。

私はちまきの勝ちだと思っていました。
ちまきの取る行動がほんとうに賢くて、きっとうまくいくだろうと。

昨日、ついに二人で遊び始めました。
ガウガウ遊びです。

IMG_4448.jpg

IMG_4450sc.jpg

IMG_4449sc.jpg

でも、男のコ同士・・・・この先、遊びも激しくなりそうで。。。。
部屋を広くしておいてやらねば!!
そして、そのうち、それも近い将来、カノンが負けちゃうと思います。
ちまきの身軽なこと!素早いこと!
体重差と若さと。笑

ミーユがいなくなってちょうど3ヶ月経ちました。

| ワンコ | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ひとつずつ、少しずつ・・・・

先日までミーユの写真を整理していました。
まだ、しきれてないのだけど。
ほんとに懐かしくて・・・・
CIMG4686w.jpg
シータがなくなって、トランとふたりになったとき(ぴあのはいました)の写真は、
ふたりでほんとによく遊んでいるのがいっぱいです。
この写真は、4歳と3歳のとき。
若くて元気いっぱいですね。

↓こんなこともよくさせられたね。
きっとミーユは嫌だったでしょうね。

ミーユ4b


今日、仕事が終わってから、ミーユの手術をしてもらった病院に挨拶に行きました。
明日でまる3ケ月になります。
とてもじゃないけれど、病院へは行けそうにありませんでした。
でも、ミーユが背中を押してくれたのかもしれない・・・・・

こうしてひとつずつ、ミーユのいた現実が遠ざかっていきます。
そうそう、先日は、ミーユがうちに来たときからかかっていた病院へも挨拶に行きました。
それから、ミーユが来た訓練所にも挨拶に行きました。(先生には会えませんでしたが)

ミーユのことは絶対に忘れないけれど、
そしてミーユはときどきそばにいてくれるけれど、
(いてくれるからこそ、)
ひとつずつ、少しずつ、今を受け入れて、前向きに行こうと思いました。



| えふ | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

今日はメイファーの命日

011117aikontakuto.jpg15年になるんだ・・・・メイファーが天国に帰ってしまって。

15年前の2002年3月20日午前2時、私の最愛のコ、メイファーは たった6歳で天国に帰っていきました。
その7か月後の10月30日にミルフィーユが我が家に来たのです。
その時、シータは12歳、ミルフィーユのいいお母さんをしてくれました。
そして、15歳と7ヶ月で娘のメイファーの待つ天国へ帰りました。
それから10年と8ヶ月後の去年の12月、
メイファーのあとを繋げてくれたミルフィーユも天国に帰ってしまいました。 

15年経ってもメイファーの死んだときのこと、ひとつも忘れません。
今、悲しみはもちろん、ずいぶんと和らぎましたが、
あの日の悲しみはそのまま蘇ります。

シータと シータの娘のメイファーと メイファーの代わりに来たミルフィーユと
26年も続いた我が家のラブ暮らしも終わってしまいました。
もう一度、ラブラドールと暮らせる日がくればなぁ・・・・夢のようです。
シータとメイファーとミルフィーユ、天国で仲良くしてるだろうなぁ。。。。
あ、もちろん ぴあの もネ。✧♡💖

egao1.gif

| メイファー | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

犬を買う

女優の倉科かなさんの言葉です。(昨日の朝日新聞夕刊)

ちゃんとしたブリーダーさんから迎えるのは私は良いことだと思っています。ただ、いいブリーダーさんに出会うまでの手間を惜しまないことが大切。そしてブリーダーさんの所を事前にきっちり訪問し、どういう環境で親たちが育てられているのかを見て、そこで新たに生まれるのを待つんです。犬種や猫種を守ってきた方々だから、
迎えた子の健康や行動の問題について相談に乗ってくれる安心感もあります。

倉科さんのご実家は、犬のブリーダーをされてたそうです。
私も本当にそうだと思います。
でも、いいブリーダーを探すのって、その方法ってわからない。
普通の人にはわからない。
私にもわからなかった。

だから、みんなペットショップで買っちゃうのねぇ。。。。
でも、そのペットショップで売られている可愛いパピーの
親犬がどんな犬なのか、どういうところで暮らしているのか、
どんな人が交配しているのか・・・・そこまで想像することがあるでしょうか?
そして、その親犬たちが役に立たなくなった時、
ほとんどが殺処分されているらしいということも。

ほんとにいいブリーダーさんっていうのは誰が知っているのかなぁ・・・・
誰に聞けばわかるのかなぁ・・・・・


ボーダーコリーに関しては、いいブリーダーを知っていたので、ちまきを迎えることができたのですが。

| わん&にゃん | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

卒園式

今日は2番目のおマゴの卒園式でした。
2月には、生活発表会とやらに呼んでもらって、
歌やら劇やら見せてもらって、
今日はついに卒園。
小さい時は、よくなく子で、
一度泣いたらなかなか泣き止まず、苦労したものです。
普通の時はとってもいい子なんだけど・・・・
ご飯もなかなか食べなくて、お菓子ばかり。
それが幼稚園に行き始めたら、お弁当をよく食べるようになって、
体もぐんと大きくなりました。
泣き虫も返上、とってもしっかりしました。

誰でもよく言いますが、
自分が子育てしてるときはよくわからないけれど、
マゴは、離れて見てるから成長がよく分かる・・・と。
私もやっぱり、そんな感じかな。
とりあえず、ひとりずつ、大きくなって赤ちゃんがいなくなり、
幼児がいなくなり、って、うれしいような。。。。。

| 家族 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT