PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無事だったろうか・・・いらんお節介?

久しぶりに、河川敷のお散歩でした。
ず~~~っと歩いて、軽~~~くサッカーボールで遊んで、
帰り道でした。
そこは、アスファルトで自転車も人も散歩犬もたくさん通る道。
地面を這うようにパタパタと何かが・・・・
あれぇ~~~、ひばりの赤ちゃん!!
そばへ行こうとすると、パタパタと逃げる。
当たり前よね、人間だけでなく犬まで連れてるんだから。
5メートルくらい離れたところでうずくまっている。
カバンを置いて、ミーユとトランは座って待たせて、
そおっと側に近寄る・・・何故か、もう逃げない。


CIMG6017.jpg

知ってるんですよ、わかってるんですよ、野鳥の子に手を出してはいけないって。
でも、やっぱり、ほっておけなくて・・・


人も犬も通らない花壇の中の草むらに・・・
それがいいのかどうか・・・・
この子の巣はどこなんだろう????
きっと、お母さんひばりが見つけてくれるはず・・・
と言っても何の保証もないけど。

CIMG6018.jpg


こうして、草むらの中にそっと置いて、そばを離れた。
すると

CIMG6019w.jpg



きっと、お母さんだと思います。
虫を口に咥えて、ピーピー鳴きながら、この周りを飛び回っていました。
赤ちゃんの返事はないのかな・・・
一番下の写真、お母さんの飛んでる下の草むらの中に赤ちゃんがいます。
早く見つけてあげて!!と祈るような気持ちで見ていました。
お母さんは、なかなか下に降りません。
まだ、返事がないのかな・・・・

ずいぶんずいぶん私も見ていました。
ずいぶんずいぶん、お母さんも同じことをしていました。
そして、そして、ああ、やっと、草むらの中に降りていきました。
私が、赤ちゃんを置いたところからちょっと離れていました。
赤ちゃん、動いていったのかな。
すぐに草むらから出てきたお母さんの口に虫はなかった。

もうしばらく見ていたら、ひばりは、また同じ辺りに降りていきました。



ほんとに、巡り会えたんだろうか・・・・
ずっと心配を続けながら、幸せな結果を願って帰ってきました。

なんで、あんな飛べない子が巣から出てきたんだろう・・・
あんな飛べない子を連れて、散歩してたんだろうか・・・・
もっと人のいない時間だったら、大丈夫かもしれないのに・・・・
私のしたことは、きっときっといらんお節介だったような気がしてなりません。
スポンサーサイト

| えふ | 23:11 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

きっと、お母さんとめぐり合って元気にしてますよ。。

タブンうちも同じことして自責してるかも。。

| らーま | 2008/06/12 11:37 | URL | ≫ EDIT

それで良いですよ。
えふさん
この時期は繁殖期で丁度堤防を駆る時期と一緒になります。これが困ったことで人間は草が生えて困るからって堤防を駆るんだけど野鳥は丁度この時期草むらに卵を産んで後ちょっとで巣立つころにどういうわけか国土交通省が駆るので雛もなにもかもばっさり(>_<)
佐伯でもそうでしたよ。それで佐伯では時期をほんの少しずらして貰うようお願いしました。
こういうことは大事だと思いますよね。

雛ですがもうそろそろ親鳥について歩ける時期になりかって居ますね。野鳥の会では雛をひらわないように指導しています。必ず親鳥が近くに居ますからね。
ここで家に持って帰ると誘拐と一緒ですね。
こういう場合はえふさんの判断のように猫や外敵から襲われないように近くの草むらや木の植え込みの影などにおいてやると親鳥が来て雛を違う場所に移動していきますよ。
そして餌も人間が居なくなったらちゃんと運んでいますよ。いつまでも見ていると警戒してなかなか近寄りません。
雛も一羽だけではなかったかもしれないからね。親も必死だったと思います。動いちゃ駄目だよってきっと雛に言い聞かせていたと思いますよ。
無事に巣立ってくれるといいですね。
えふさんの優しさに乾杯(^o^)丿

| Jママ | 2008/06/12 17:11 | URL | ≫ EDIT

らーまさん
らーまさんも、こうしてた?
よかったぁ~ 
お節介焼きは私だけじゃなくて・・・・

| えふ | 2008/06/13 18:26 | URL | ≫ EDIT

Jママ
よかったんですか!!??
よかったぁ~、ほっ。。
Jママにこう言ってもらうと、絶対な太鼓判だわ。
あのままほっておいても、無事じゃない可能性もありすぎだし、見届けるまで帰れないし、じっと見てるうちに犬に咥えられたり、人に踏まれたり、車にぶつかったりを目の当たりにしてしまったら、もうきっと眠れない。
なんて言ったら、自己中の成せる業・・・なんだけど。
ほんと、無事飛び立って欲しいです。
親鳥の必死さは、ほんとヒシヒシでした。

でも、今もあの赤ちゃんの体温の熱さが手のひらに残っています。

| えふ | 2008/06/13 18:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/627-b9a2a0f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT