PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9月14日 富士山旅4日目

前の夜のことで書き忘れていたのがお風呂のこと。
お風呂は、本館に行くと大浴場が温泉になっています。
私はそういうのはあんまり好きじゃないから、コテージのお風呂でよかったのだけど、
まぁ、旅に出て温泉なんだからせっかくだし~ と入りに行きました。
けれど、女子風呂は満員で着替えるところも狭くていっぱい、
お風呂場は、シャワーが満員で、かかり湯するのに裸で立ちんぼ。
やっと洗う場所があいたので、座ったら、隣の人がすごい勢いで元気に洗髪する人!!
シャワーのお湯がすごい勢いで回り中に飛びまくり!!
終わるまで待っていなくちゃなりませんでした。

今夜はコテージのお風呂にします。

というわけで、朝が来て、今日の予定は西湖と山中湖。
レッツゴー♪です。

西湖は、富士五湖で一番小さな湖。
でも、河口湖と湖底で繋がってるって、小学校の時に習ったと記憶。
だから、ふたつの水位はいつも同じだと。
ちがったかな?

20170914 IMG_0367 (6)
西湖と富士山

西湖から河口湖に抜け、次は山中湖なんですけど、
その途中の忍野八海に行きます。
ネットで調べてると、行った人のブログで
中国人が多いけど、その水の色はそれでも行くだけの価値がある
と書かれていたので・・・・・
しかし、近くまで行ってもどの駐車場に止めていいのかわからず、
近いのか遠いのか・・・・車を止めるのに苦労しました。
結局、割と近くだったお土産物屋さんの駐車場に止めました。
お土産を買ったら、無料だと・・・・(笑)

忍野八海はワンコ連れで行けます。
私は初めて行くのでしたが、ほんとにまったくの観光地でずいぶん思っていたのと違いました。
なるほど、中国人(たぶん)がいっぱい・・・・だらけ。。。。。
だけじゃないと思うけれど、とにかくすごい人とお土産もんやさん。
嵐山みたいだった。
わからないまま、犬を連れてその人込みから出て歩く。
お釜池という池を最初に見た。
ウ、ウッ!!きれい!!
20170914 IMG_0367 (10)s
この深いところの青さは不思議でした。
空の色を映してるんじゃないですよ。


それから、銚子池
もう水がきれいで、底からどんどんどんどん湧き出てるんですから。
20170914 IMG_0367 (16)s
トランくん、落ちたらダメよ。
20170914 IMG_0367 (22)s

とにかく水の透明さは、富士山の湧き水ですから!!
考えただけでも、感動します。

最後に見たのは底抜け池
ここだけは有料・・・・と言っても300円。
有料だからか、人が少ない。
パパちんも疲れたのか行かないというので、私ひとりで行きました。

なぜか、この写真だけこうして不思議なものが写っています。
ファインダーをのぞくと見えるのです。
肉眼では何も見えません。
この一枚だけ、です。
20170914 IMG_0367 (41)s

反対側に回りました。
だぁれもいなくて、考えようによっては気持ち悪い。
でも、こんなにきれいでした。
20170914 IMG_0367 (47)s
ほんとにほんとに小さな池ですよ。
この池だけが、昔からの原型をほぼとどめているとか・・・・・

昔々、木がいっぱいの中にこの八海は静かに水をたたえていたのでしょうね。
その頃の八海を見たいと思いました。
どんなに不思議な感じだったことでしょう!!
どんなに神聖な感じだったでしょう・・・・
こんなに観光地化された中にあるのは、ほんとにもったいないと思いました。

忍野八海を後にして、山中湖の近くの花公園へ向かいます。
続きは、また明日(^^♪


スポンサーサイト

| 旅行 | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

沢山のオーブが。あと白いタートルネックを着た穏やかな顔の男性がはっきり見えます。あと3人ほど・・・・・でも怖くない写真です。

| ラブドル | 2017/09/29 19:35 | URL | ≫ EDIT

ラブドルさん
このオーブはほんとに不思議でした。今まで、普通、オーブは肉眼では見えませんでした。でもこの時は、ファインダーを覗いたら見えるんです。じかに見たら何もなくて。
私のそばに他の方もこの池を見学されてたけれど・・・
ラブドルさんには、そういうものが見えるんですか?
私は、見えないけれど感じやすいのだけど、この時はまったく気持ち悪くなかったです。
行けの向こう側の時は、誰もいなくて、ほんとは怖い場所、みたいなところだったけれど、ここもなんとも・・・・
やっぱり、そうよねぇ。。。っていう場所ですね。

| えふ | 2017/10/01 15:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1813-712a1b65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT