PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トランの歯、受診

やっと仕事の休み、気になっているトランの歯科検診。
わかってるんだー、治療なんてないって。
抜かなくちゃならない歯がたくさん。
こんなになるまで放っておいたわけではないのだけど。
ずっと診てもらっていた獣医さんは、口の中に関してはあまり気にしない先生だった。
そのほうがいいのかも、と思ってたんだけど、
よく歯茎が腫れるし、舌の先も赤くなって痛々しい。
それも、相談したんだけどねぇ・・・・

違う獣医さんに替えて、今度はよく相談に乗ってくださった。
でも、やっぱり抜いたほうがいい歯が多いみたい。
トランの年齢からいったら、ラストチャンスかな?

とりあえずは、歯全体のレントゲンを撮って、それで判断するとのこと。
ふつうは、迷ったら抜くらしいのだけど、トランの場合、迷ったら抜かない、という方針で
行きましょう、とのこと。
私が、できるだけ抜かないでほしいとお願いしたから。

29日に施術することになったのだけど、
その前に血液検査、ついでだから、たくさんの項目の検査をするらしい。
でも、今日は朝ご飯を食べてきたので、また改めて、29日までに連れて行く。
それから、胸部のレントゲンも撮っておきたいといわれたので、
それは、健康診断を兼ねて、今日撮ってもらった。

トランは、看護師さんに抱かれて、奥に連れていかれて、
私は診察室で待っていたのだけど、
もう、今までに聞いたことないような悲鳴を上げていました。
どんな残酷なことをされているんだろう???っていうような、ね。
気にはしませんでしたが、レントゲン台の上で横にしただけで、その悲鳴だったそうです。笑
トランには、笑い事ではありませんでしたが。

レントゲンの結果、画像を見せてもらいながら、先生が丁寧に説明してくださいましたが、
13歳と思えないほど、どこもきれいだとおっしゃるのです。
びっくりしました、と!!
肺もまったくきれいで、心臓も問題なし、
脊椎もどこも変形症になっていない。
年、サバ読んでいませんか? だって。(笑)

歯の治療、がんばって、このまま内臓がいつまでも元気でいてくれますように、
と願いました。
歯は、小さい時から問題だったから、もっと歯磨きしてやらなくちゃ駄目だったんですね。
こればっかりは、ごめんね。
この治療が終わったら、先生と一緒にちゃんとケアしていくつもりです。

image1.jpg


スポンサーサイト

| トラン | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1682-631dce1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT