PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

足のしこり:ミルフィーユ

ミーユの足のしこりは、毎日バイレックスクリームを塗っているけれど、
まだ、ちっとも小さくならない。
足だけじゃなく、その他のも変わりない・・・
眼の下の細長いいぼのようなものは、4日ほど塗って小さくなっている。
お腹の脂肪腫は、近くにまた小さなしこりが出来た。

脂肪腫とわかっていうのはいいのだけど、
足のほうは、何かわからないのでどうしても気になっている。
それで、今日から仕事お休みなので、違う先生に診てもらうことにした。
そこは、夜も23時まで診てくださるし、丁寧だという噂だったので行ってみることにした。

いつも行ってる病院は、夜8時までで、受け付けは7時半まで。
ぴあのが亡くなる前、便が出なかったとき、病院に電話を掛けたのが7時40分。
もう、受け付けは終了しましたので・・・と言うアナウンスが流れてそのまま。。。。
そういう経験があったので、せめて電話くらい・・・なんて勝手なことを思い続けてたから、
そういう遅い時間に何かの対応をしてくれる病院を探していたということもある。

ちなみに、滋賀でぴあのがお世話になった先生は、
いつでも(夜中でも)何かあったら、電話してもいいですよ、と携帯の番号まで教えてくれていた。
メールアドレスも教えてくれて、メールへのお返事もとても丁寧だった。
切羽詰まったているときにそういう先生だと、とても心が救われる。
病院からしたら、とても迷惑なんだと思うけれど。

さてさて、病院嫌いのミーユさん、初めて行った病院を病院と思わなかったのか、
待合室でとてもリラックス。
名前を呼ばれて、いそいそと診察室のほうへ。
いつもの病院だと、名前を呼ばれたら病院出口へ向かうのだけど。笑
しかし、診察室の診察台を見てUターン・・・そこは無理やり連れて入りました。
7月9日にバイオプシーをしてもらって、わからなかったことを告げると、
先生は、バイオプシーだけだと情報が確かでないとおっしゃいました。
レントゲンは?
していません。
腫れが、骨からのものかもしれないから、それも診ておかなくては、
ということで、レントゲンを撮ってくれました。
レントゲンが終わって、待合室に出てきたミーユ、
再び名前を呼ばれたら、今度はうれしそうに診察室に入っていきました!!オドロキ でした。

レントゲンの結果は、骨は大丈夫でした。
今のところ考えられるのは、腫瘍か炎症、だそうです。
どちらにも効果のあるステロイドと抗生物質を1週間飲ませてみて、そ
の経過をみるということになりました。

それから、診察台に載せてくださいと言われたので
抱っこして載せたところ、これまたオドロキ!
降りようともしないで、スッと座ったのです!!
もちろん褒めてもらいましたよ、ミーユは。
今までは、がんばって載せても隙あらばで飛び降りてたのに・・・
年取って、飛び降りるなんて怖くて、いつでも着地の衝撃を和らげるように捕まえていました。
この病院の診察台は、飛び降りても大丈夫なくらい低い位置まで下げてくれました。

帰宅してから、思いついたのだけど、
腫れてるところの温度が少し高く感じられていたので、
体温計をそこに載せて私の手で挟んで、温度を測ってみることにした。
すると、右手の腫れのあるところは、35.5℃で、
なんともない左手の同じ場所は、34.4℃だったのです。
たいして役に立たない情報かもしれないけれど、
ひょっとして、炎症で温度が上がっているとしたら、
薬が効きます、たぶん・・・・

治ってくれたら、肩の荷がひとつ降ります。

色の変わってるところが、腫れの部分。
色が変わってるのは、バイレックスを塗り始めてからです。
色が変わってなかったら、腫れはほとんどわからない。

sikori.jpg

ついでになんともない左手画像。

IMG_0436.jpg

なんともなくても腫れがあるようにも見えますね。
でも、つまむと違いがわかるのです。
スポンサーサイト

| 病気 | 16:20 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
お知らせをわざわざ頂いたのに、コメントが遅くなりまして失礼しました。すぐに読んでいたのですが、このところ母が不穏状態で、「認知症なんだから仕方ない」とわかってはいるのですが、あまりに続くとこちらの精神状態がおかしくなってきて、イライラしてな~んにもしたくなくなってしまうのです。<m(__)m>
よい病院が見つかってよかったですね。
私も、かかりつけ病院に対しては不満があります。
アーダが気管虚脱の発作を起こして、チアノーゼになり、酸素缶も底をついて、どんどん呼吸ができず、時間外でいつもの病院に電話をすると留守電。泣きながら酸素缶を買いに車で走り、友人にも電話して酸素缶を買ってきてとお願いして、家に戻ると病院から折り返し電話があり、担当医でないけれどいいですか?と確認され診てもらいましたが、担当医は病院にいて私と顔を合わしながらも、「大丈夫ですよ」とか、「夜勤医にお願いしましたから、安心して治療を受けてくださいね」とか、心配りもなく、結局は夜勤のDRに見てもらうことになりました。友人ご夫婦も病院に駆けつけてくれて、ずっと一緒にいてくれました。病院側にも文句も言ってくれました。あんなにつらかったことは今までないです。なので、今は、二件の病院にかかっています。それでも心配です。
アビーの脂肪腫、ゆっくりですが確実に小さくなっています。中にできたものもほんの少し小さくなっています。パイレックスとピュリファイが体質に合ったんだと思います。クリームを塗ったところが、塗り替える時、ウエットティッシュで綺麗に拭きとっても色が残っていましたが、ウィラードウォーターで拭くようにしたら、色が戻って来ました。私もお顔に使っていますが、いい感じです。イボは、芯が無くなってフニャフニャしてきましたが、まだまだなくなりません。今の感じだと、3かげつくらいかかるかな?と思っています。

| ラブドル | 2015/10/05 15:42 | URL | ≫ EDIT

ラブドルさん
ありがとうございます。
コメント、気にしないで下さいね。とくに大変なときは、こんなことが負担になってはいけないですから。
お母さま、大丈夫ですか?認知症の人との付き合い、大変ですね。病気がそうさせてるのだ、って思っててもやっぱり大変です。うちも夫のおじいちゃんがそうでしたから。
アーダちゃんもつらかったですね。ラブドルさんの泣きそうだった気持ち、ほんとによくわかります。
病院は、たいしたことないときに他の病院でも診てもらって、お気に入りを何軒か確保しておくのがいいと、最愛のメイファーが死に至る病気になった時に思いました。
ずっと同じ病院でしたから、そんな時になって他の病院を探す余裕なんかなかったです。

へぇぇ、アビーちゃんの脂肪腫にそんなに効果が出てるんですか!?ミーユもイミューンからピュリファイに変えてみました。さぁ、効果は表れるでしょうか?
病院の薬は今朝でおしまいです。
薬を飲ませている間、バイレックスは中断していました。どっちが効いたのかわからないから。
けれど、熱と痛み(があったみたい)はなくなったみたいだけど、腫れはどうだろ?小さくなったのかなぁ???
アロマの資格を持っている友達が、脂肪腫に効果があるというクリームを作ってくれました。バイレックスまだ半分残ってるけど、友達クリームに替えてみます。
イボは、バッレクスでいきます。目の横のイボはほとんどわからなくなりました。

| えふ | 2015/10/09 00:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1619-a4e9ace9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT