PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とばっちり・・・可哀そうなトラン

この秋、ほんとに忙しかったです。
12月に入ってからは、キャリアウーマン並みに仕事に追われてしまいました。
私が忙しくなると、ワンコ達にしわ寄せがいきます。
どうしても、細やかにはしてやれない。

もう、2週間以上前のこと・・・
遅い時間の帰宅途中にパパちんから電話があって、
トランがカノンに咬まれた と。
帰宅してみると、右目の上から出血していて、止まらないらしい。
もう、9時半なので夜間救急病院へ行くことに。
しばらく走るとすごい渋滞!なんで、こんな時間に!?
迂回してみたけど、そこもやっぱり渋滞。
でも、国道よりマシ。
普通この時間なら30分ほどの距離を1時間もかかってしまった。
小さな傷だからいいけど、重症だったら・・・と思うとぞっとする。

診てもらってたいしたことないことがわかり、一安心。

晩ごはんのときに、先に食べ終わったカノンが
トランの側へ行って、トランが取られないようウーと言って
その瞬間、カノンが咬んだらしい。
私だったら、側へは絶対に行かせないのだけど。

2,3日目の上が腫れて見るからに可哀そうだった。
それよりも、カノンを警戒して食事の時はおびえて
咬まれたトラウマがひどかったほうが、可哀そうだった。

ようやく元気になったけれど、食事時の緊張はまだ続いています。
トランはパパちんを信用してないみたい・・・

そして、仕事も終わり、昨日ようやく時間が出来て、
トランの手入れをしようと、まず足回りの毛をカット、
続いて、爪切り。
ところが、狼爪が伸びすぎて先が毛の中に埋まってしまって見えない。
それに、すごく嫌がって唸る。
一旦、止めて、夜もう一度、やってみようと、よく見ると、なんと!!
あろうことか、先っぽは伸びすぎで、ほんとに埋まっていた!
触られると、きっと痛いのに違いなく、無理だった。

それで、今日病院で切ってもらった。
忙しくて、トランの爪にまで気がいかなくて、ほんとにごめんね。
なんか、いろいろとガックリです。
スポンサーサイト

| ワンコ&えふ | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1557-d5ca3432

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT