PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夫婦ふたり犬連れ旅日記~北海道編~その5(オロロン海道)

6月7日 三泊もお世話になったアジアンタイムにさよならして、
今日は、留萌の近くの宿泊地、増毛に向かって出発。
でも先ずは、錢函の木工工房二軒に寄る。ひとつは家具やさん。
欲しいテーブルや椅子がいっぱいあって、買わないのに迷ってしまう。笑
けれど、結局スツールを買いました。

そんなことに長々と時間を費やして、昼前にようやく石狩に向かう。
前回は、札幌から旭川まで行くのに道央道を使ったのだけど。
今回は旭川へ向かうのに、海沿いの231号線、つまりオロロン海道を行くことにしました。
知り合いが石狩で個展をしてるので見に行くつもりだったし、
美しい景色を堪能しながら走りたかったので。(って、運転はパパちんで景色堪能はえふ)

昼食は、犬連れOKのイタリアンのお店。
お店の方がとても犬好きのようでした。
お料理もおいしかったです。

IMG_5807s.jpg



石狩も初めて行く場所でしたが、広くてあまり建物がなくて、
なんだか新しい埋め立て地の道を走ってるようでした。

昼食のあと、犬たちを遊ばせるため、樽川公園に無料ドッグランがあるので、車を走らせた。
そこは、いろんな種類の犬たちが遊んでいた。
最近はドッグランになんか行かないし、他の犬と遊ぶこともなくなったので、ちょっと心配でした。
が、他の犬があまりにたくさんいたからか、強気になることは止めとこうということにしたらしい。
出来るだけ気付かないふり、でいこうと。笑
そんなわけで、無事、カノンはいっぱいボール遊びができました。

IMG_5808s.jpg

IMG_5809s.jpg


それから、ずっとオロロン海道を走って今夜の宿のある増毛に着きました。
漁師の民宿なんだけど、とても大きくて古い建物で、庄屋さんかなんかの家を移築したらしい。
食事が海のものをたっぷり食べさせてくれるということで選んだのですが、
誤算は小型犬しか泊めてくれないということ。
パパちんが、それでいいということで、予約してくれた。涙。

取り合えず、夕食まで時間があるし、ここへ来て夕陽を見ないわけにはいかない。
浜へ行って犬を遊ばせ、夕陽の沈むのを随分待ちました。

浜に咲いていた花
IMG_5816w.jpg

7時をすぎてゆっくりとお日さまは海に落ちていきます。
だんだん、だんだん、その赤さを増して、形も大きくなって、
水平線に接触し、その身を海に沈めていきます。
私は、カメラのシャッターを切り続けたけれど、なにか、
設定が悪く真っ赤ではなく白い太陽になりくやしかった。

IMG_5828w.jpg
ほんとは、海も太陽もこんな色じゃなくて、ザンネン。
もっと勉強しなくちゃ。

でも、この帰り道の空の色がとてもきれいで
お日様からの、今日の最後の贈り物のような気がしました。

IMG_5863w.jpg


そして、待望の夕食。すごいのなんのって、造りの盛り合わせ、
カニ、ウニ、アワビ、大きなホタテ、食べている途中にも料理された魚がどんどん出てきます。
にぎりまで、出てきて…もう、全部は食べきれません。
一年分の魚料理を食べた感じでした。

でも、ここでこの宿のよいところはおしまい。
お風呂は、部屋のある建物の外で、9時までで終わり。
入る気がしなくて、この日はお風呂なし。
石狩でひどい風に吹かれたというのに・・・・

ミーユたちは車の中・・・・おしっこに連れ出して、
また車に戻して・・・夜中泣いていました。
スポンサーサイト

| 旅行 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1501-289e2df2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT