PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後の写真

カメラの中に溜まった写真、やっとPCに入れました。
その中の一枚、生きているぴあのの最後の写真。
この40分後に呼吸を止めてしまうなんて思いもせずに・・・・

私は、酸素ハウスの横に布団を敷いて寝てたのだけど、
その夜は、しんどいのか鳴くので私の布団に引っ張り込んだら
また知らない間にハウスに戻っていて、
また鳴くので、ふとんに引っ張り込んだら今度はそのまま朝まで私の腕の中にいました。
もしかしたら、戻るにももう動けなかったのかも とも思いますが。

もう、酸素は何日も前から使ってなかったので、
ドアは開けっぱなしで出入り自由、普通に暮らしていました。

朝8時にハウスに入れた時だったか、
この最後の写真を撮った時だったか、
ぴあの って呼ぶと、しっぽの先だけを振りました。
いつもなら、あの長いしっぽ全体をゆらゆらと振るのに。
あぁ、もう先っぽだけしか動かす力がないんだな って思いました。

IMG_1650s.jpg

なぜこの時撮ろうと思ったのかわからない。
そして、これが最後の一枚になるなんて思わなかった。


夜になっても動ないぴあのをずっと見てるカノン

IMG_1654s.jpg


ぴあのがいなくなって20日経っても
リビングにいないぴあのが、2階から降りてくるのを待つカノン(6月17日)

IMG_1884.jpg

ドアが閉まっていても、ドアの向こうにぴあのが来るかもしれない (6月20日)
IMG_1888s.jpg

こうしてぴあのを待つことも、ようやく少なくなってきたけれど・・・・もうすぐ1ヶ月。



スポンサーサイト

| にゃんこ | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

涙、涙・・・。
カノンちゃん…。痛々しくって涙涙ですよ。
もしかして、ぴあのちゃんまだいるんじゃない?
カノン君には見えてるのかも。
エフさん家には愛がいっぱいですね。

| カレンまま | 2013/06/28 05:52 | URL | ≫ EDIT

カレンまま
ほんとのところ、未だにカノンとぴあのの関係わからないです。
牧羊犬のDNAを持っているカノンにとって、ぴあのは羊的存在だったのかな とも思います。
でも、どちらにしろ、カノンの頭の中は、ずっとぴあのでいっぱいでしたから、姿が見えなくても急には・・・ねぇ?
ぴあのにとって、カノンはどうだったろう?
たぶん、うっとうしかったんじゃないかなぁ。
いつもいつもくっついてきて、じぃ~っと見張ってるんだから。笑
ちょっとストレスだったかも。
けど、今のカノンは少し痛々しく見えないこともない。
そして、カレンままのいうように、ぴあのいるかも?
だったらいいなぁ。

| えふ | 2013/06/30 23:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1385-03f0601f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT