PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ネコの食事のこと

昨日、ぴあのの体重を測ったら2,8kgになっていました。
たしか、3月に病院へ行ったときには2,6kgより減っていたように記憶しています。
とにかく、何か月ぶりかで体重が増えてるのです!!
これは、ビッグニュースです。
うんちも毎日出てるので、便秘で増えているということではなさそうですし。

思い当たる節?
それが、あるんです!!

我が家は、馬肉を“なみかた”というお店でネット買いしてるのですが
そこに、脂肪は腎臓の悪いネコちゃんに必要な栄養 だって書かれていて、
迷わず、調べず、購入し(笑)2~3日与えてから、
ちょっと心配になり、量を減らしましたが、
朝晩、生馬肉と一緒にやっています。

ぴあのの便秘が続いたとときに
滋賀の先生は、オリーブオイルをえさに混ぜてやって
と言われました。
カロリーも高くなるし、便秘に効果的な事もあるから、と。
しばらくはそうしてたのですが、
このラムファットを購入してからは、やめています。

脂肪分の少ない食事を人間も犬も心掛けなくてはならない
と思っていましたので、ネコの場合はどうなん? 
と気になり、調べました。
やはり、少し前の資料だと、脂肪はダメ みたいになってますが、
最新の情報では、ネコは人間と違って脂肪は必須栄養素 だそうです。
人間みたいにため込むことはないらしいです。(うらやましい!!笑)

脂肪
猫がもっとも必要とする栄養素です。
食事全体の50%以上占めても問題ありません。
ドライフードの脂肪含有量は、基本的には不足しています。
脂肪分の比率を多くするには、技術的に難しいという事と製造コストが異常に高くなります。
それを補うために無塩バター、植物性オイル、動物性オイルを混ぜて与える事をお勧めします。
脂肪分の取り過ぎによる下痢などは犬や人に見られる現象です。
ビックリしたでしょう。
猫は、直接油を舐めるぐらい脂肪分を好みます。

http://www.mightywave.com/support/support2.htmlより


いろいろ調べると、いろいろ書いてあります。
やっぱり、脂肪とカロリーは少なく、とか・・・・
でも、結局、そんなによくわかってないのだと思う。
特にぴあのの場合、カロリーは必要です。
そうむやみやたらと偏った食事にならない限り、
野生に近い動物ほど、自分に必要な栄養はわかってるのだと思う。
ネコは、ずいぶん野生に近いですから、ヒトやイヌに比べると。
だから、いいと思うものを勉強しながら、ぴあのの様子を見ながら、
与えていきたい。
今は、ぴあのの生きる力を信じて、
いろいろよいと思うものを試してみたい。

まだ、尿は赤いのを時々するし、
時によっては息がしんどそうだし、
夏の入院後、回復した時ほどの元気さもない。
反対に言えば、いつ死ぬような方向に行ってもおかしくない
と思える。
でも、でも、もしかしたら、もう一度誕生日を迎えることが出来るかも
という気持ちも本気。
だって、体重が200~300gあるいはそれ以上増えたことは確かなんだから。

Fightッ!!だよ



3月の写真なんだけど、お気に入りがありました!
きゃわいくてたまらんわ~!!アハハ
キミのおかげで元気出るわ~





笑顔のカノン
スポンサーサイト

| にゃんこ | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1370-6fbd2a74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT