PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

命日

今日は、シータの命日でした。
7年前のあの日のことはよく覚えています。
いえ、『あの日』だけじゃなく、
シータがまだ赤ちゃんでぬいぐるみのような仔犬で
我が家に連れてきたあの日のことも
昨日のように覚えています。
それが、もう22年半も前の話だなんて・・・・
やんちゃでやんちゃで、どんなに可愛かったか。
人には飛びついて服に噛みつくから
お兄ちゃんの服は、破れてばかり。
でも、シータは我が家のワンコの中で
一番人間に遊んでもらった犬です。
ボール遊びが、すっごく好きで、
あとから思うと、訓練性能は高かったはず。
人のほうが、追いついてなかったのです。

思い出すといろんなことがいっぱい次から次へと出てきてきりがない。

年取ってからのシータは、なんとも言えず愛嬌ものでしたし。
おまぬけシータ なんて言われて
マイペースで、穏やかで ちょっと頑固で・・・・
聞こえないふりが多くなって
でも勝手ツンボとかいうやつで都合のいい時はさっさとそばに来る。
けれど、ミカンやキャベツにあんなに飛んできたシータが
だんだん反応しなくなりましたね。

12歳の時にミルフィーユが来て、ちゃぁんとお母さん役をしてくれました。
昔取った杵柄ですか・・・・?
ずいぶんと取っ組み合いをしてあげたものね・・・・
12歳でもあんなに元気だった。
びわ湖へ行くと必ず泳ぐ・・・冬でも。
あのころは、月に一回くらいしか行かなかったから。
(まだ、家がなかったからね)

15歳の2月に肺炎になったのが引き金で
元の元気に戻れず、老衰を速めてしまったね。
私のせい・・・・もっと暖かくしてやってればよかった
って、今でも思う。

シータはやっぱり我が家の一番ワンコだわ、何につけ・・・・

ときどきね、ミーユがそっくりに思えるときが出てきて、
シータを思い出しては、可笑しいやら、
ミーユの年を思って、淋しいやら・・・・
スポンサーサイト

| ワンコ | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1366-290e1c96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT