PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラン君、流血事件

今朝、パパちんがさんぽにつれていってくれました。
帰ってきて、デッキに3頭繋いで足ふき雑巾を取りに入って
またデッキに出たそのとき、カノンとトランのギャンギャン言う声。
パパちんの怒鳴り声。
けれど、ギャンギャンは収まらず、
家の中にいた私は、早く収めないと危険!と思って飛び出しました。
繋いでいたリードが絡まって、トランとカノンがやりあっています!!
私は大急ぎでカノンのリードをカラーからはずして、
二人を離しました。

家の中に逃げ込んだトランを見てやると目の下のほっぺたが血で染まっていました。

たぶん、繋いでいたリードが2頭が動いているうちに絡まって
身動き取れなくなったトランが
カノンことをこいつのせいだ!と思って怒ったのでしょう。
カノンに怪我はなかったけれど、カノンも噛まれたと思います。
でも、トランの方は噛まれたら命にかかわることになるかもしれない。

あの瞬間、私はほんとにドキドキして
早く離さなくては!!ととてもあせりました。
事なきを得ましたが、
私はすごい力仕事をしたあとみたいに身体中疲れきってしまいました。
今日は、朝から本当にしんどいことでした。

ミーユはその時、とても困ったふうにそばに立っていました。
一緒にケンカの中に入らなくてよかった。。。ほっ
スポンサーサイト

| トラン | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://labsong.blog48.fc2.com/tb.php/1225-cfd96eb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT