2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

≫ EDIT

だんだん、しんどくなってるかも

今日は最初、私一人お店番。
昨日までは、誰かいてくれたから、すごく気が楽だった。
でも、今日は一人。
ユーミンのCDかけて気を紛らわそうとするのだけど、
CDなんて聞こえない。
いつもミーユが静かに寝そべっていた場所がただガランとしていて、
ほとんど静かだったから今日と同じはずなのに同じじゃない。
あまりに寂しくて、お客様が来ても、その気持ちを引きずったまま。
こんなんやったらアカン ってわかっていても・・・・・

ほんまにほんまに。

いろんな人が慰めの言葉?お悔やみの言葉?を言ってくれる。
ありがたい。
けれど。
そりゃ、家族みたいなもんやもんね って。
家族みたいなもん????
みたいなもん 違うんですよ。
家族なんです。
我が子みたいなもん?
いえいえ、我が子だったんですよ。

去年の1月14日、仕事場にて

2016aya (10)s
スポンサーサイト

| えふ | 23:42 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっと見えた!!

11月13日、ミーユが倒れてから、ぐっすり眠れなかった。
そばで寝ていて、一晩中気にしてたし、毎晩じゃないけどハァハァとしんどそうな夜もあって、
ハァハァが始まると、体をなでてやったり、さすってやったりしてたし。
ミーユがいなくなってからは、毎晩毎晩、眠れてるのか眠れてないのかわからなかった。
一晩中、ミーユのことを考えているような、夢を見ているような・・・・それが、何週間か続いた。
でも目が覚めても、ミーユが夢に出てきた、というはっきりした記憶がなかった。
ほんとに、夢にでも会いたかったのに。

一昨日、床に寝転がってテレビを見ながらウトウトしてしまっていた。
ふと目が覚めたら、私の前にミーユが背中向きに丸くなって寝ていた。
あ、ミーユや!!とうれしくなって触ろうと手を伸ばしたら、すっと消えた。
ミーユが生きてた時、そうやって、私と一緒に寝転がっていたもんねぇ。
その時は、触っても消えなかったけど、死んじゃったら消えるんだねぇ。
でも、そうやって、そばに来てくれたこと、すごくうれしかった。

そして、夕べははっきりと夢で逢えた!!
ちゃんと、顔を私に向けていた。
トランもカノンも一緒にいた。

今朝、パパちんが起きてきて、
夕べミーユが夢に出てきたわ、と言ったのだった。

IMG_1809s.jpg
これよりもっとまぁるくなって、寝ていましたよ、あの時。

| ミルフィーユ | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

お散歩でもこんなことしてますねん

草むらの中に穴を見つけたカノン。
穴を見つけたというより、何かニオイがしたのでしょうね。
ずっと鼻を突っ込んで、私たちがその場を離れてもずっと突っ込んだまま動きません。
夢中で気が付いてない。

何しろ、しつこい!!
ボーダーコリー気質?


[広告] VPS



いったい何がいたのでしょうね!?

IMG_3991.jpg

でも、こうして、アホなカノンがいるから、
私は平気な顔をして暮らしてる。

| カノン | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

滋賀は大雪

仕事、月曜日から木曜日までお休みだったので
ほんとうは、そのうちの2泊3日くらいで滋賀滞在のつもりでした。
でも、雪予報が出てたので、取りやめることにしました。

そしたら、テレビで報道されてるくらいの大雪が降っていました。
行かなくてよかったねぇ・・・
ほんとは、雪景色見たいし、
雪の中、家の中でほっこりしてるのもいいものなんです。

やっぱり雪景色、見たい!!
それから、家や植栽がどうなってるか心配だし、
なので、今日、日帰りで行くことにしました。

湖西バイパスを少し走ったところからだんだんと雪景色になって
だんだんと雪の量も増えてきました。
バイパスから降りる道の路肩では、車が雪に埋もれています。
たぶん、雪で立ち往生して置いて行ったのだと思います。

私たちは、昼食を済ませ、家のほうへ向かいました。
こんなに積もったら、家まで車で行けません、
除雪してくれないからです。
少し離れたところに車を置いて、歩いて行かなくちゃ仕方ないね、
という覚悟でした。
着いたら、雪の積もった庭でカノンは駆け回ることでしょう・・・

ところが、道路は車の通れる道幅しかなくて、
車を止めて置ける場所なんかありません。
家の近くというには少し離れているけれど、それでも歩ける距離。
なのに、車を止める場所がなくて、
結局家まで辿りつけないどころか、家を見ることさえできなくて、
あきらめて帰ってきました。
途中で、道の駅の駐車場に止めて、犬たちを歩かせたけれど、
また、雪が降り始めて、お散歩さえあきらめました。

きれいだったけどね💖
IMG_4008s.jpg

IMG_4018s.jpg



結局、大阪まで帰ってきて、たまに行く河川敷公園で遊ばせて帰宅しました。

IMG_4049s.jpg

雪の中で遊ばせるつもりだったのに、とっても残念でした。
こんな大雪、しかも家にたどり着けない雪が降るなんて、
初めてのことでした。
たまに行くにはいいけれど、住める所じゃないんじゃない?

ちなみに、カノンが着ている服は、こないだまでミーユが着てた服。
ミーユに小さかったはずです。

| 琵琶湖 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

菜の花

今日の夕刊に掲載されていました。

20170123180303977.jpeg

去年、行きました。
とてもいい天気で…
ミーユも一緒だったのに。

IMG_1332s.jpg

| おでかけ | 18:09 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月

ちょうど1ヶ月。
とてもゆっくりと日が過ぎていくような、とても早いような・・・・
ミーユのことを思わない日はない。
いーえ、ミーユのことを思わない時間はない、というくらい
頭の中も心の中もミーユのことでいっぱい。

たった1か月前の今日の日のことが、
しっかりとした確かな目で私を見ていたミーユのことが、
今のことのようによみがえる。
最後の一日、一滴も飲まず一口も食べず、
なのに、とても穏やかで少しもしんどそうな様子も見せず、
今思うと、ほんとにあっぱれだった。
お別れの時が来るほんの少しの時間だけ、
悲しいくらいに壮絶だったんだけど。

いつも仕事について行ってくれてたから、
今、寂しくてたまらない。
夜遅くなった時には、とても心細い。
こういう日が来ること、覚悟してたんだけど、
覚悟なんて何の役にも立たなかったっていうこと。

ミーユはあんなに静かに日々を送っていたのに
いなくなったらなんでこんなに静かなんだろう?
カノンもすごく静かになってしまって・・・・・
ラブラドールって大きかったなぁ・・・・
寝てても部屋の中を歩いてても
ただそれだけで、ミルフィーユいますよ って言ってるような。

シータ、メイファー、ミルフィーユ。。。。。
やっぱりラブラドールと暮らしたいなぁ。。。。


2014年4月 12歳のミールフィーユ  ―滋賀の庭にて―
IMG_4774 (1)s
IMG_4766 (1)s
IMG_4755 (1)s

| ミルフィーユ | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ミーユの残したものが

ミーユの闘病中、
何とか元気になってほしくて
食べさせたらいいものやサプリやらたくさん買ってたのに
あまりにあっという間に行ってしまったものだから、
そういうものがまだたくさん残っていて、
トランとカノンの手作り食に使ったりしているのだけど。

病気とは関係なくミーユが元気な時から買っていた馬肉とかも残っていて
(とにかくたくさん買い置きしてたから)
そういうものも2頭にやるのだけど。

毎日、それらを食事に使うたび、
これミーユの分なのになぁ・・・・
とか、
ミーユのために買ってたのになぁ・・・・
とか。

ミーユがいなくなってまだ3週間とちょっと・・・・・
なのに、長い長い時間が過ぎたような気がする。
日にち薬なんてちっとも効かなくて、
悲しさや淋しさは、反対に増していく。
泣くと余計に悲しくなるから、泣かないことにしている。

仕事も始まって5日。
うわさに聞いたお客様が慰めてくれたり一緒に悲しんでくれたりするけれど
それがまたつらい。
まだつらいから、言わないでね、
っ てやっと言えるようになった。

でも、こんなにたくさんの人に愛されていたんだって、
それだけはうれしい。

去年の1月15日
仕事場にて
(一人でお留守番していて、私が戻ったらこんなに喜んでくれました)

[広告] VPS


| つれづれ | 23:40 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのびわ湖

4日ほど前から滞在中。
2ヶ月ぶりです。
前に来たときは、ミーユがいました。
手術してから、もう少し元気になったら、連れて行けるね、
って、パパちんと話してたんだけど、叶いませんでした。涙
それがちょっと辛くて、来るのを躊躇してました。

着いた日のこと。
着いてすぐは、いつも庭で遊ぶカノンが、なぜか家の中に入りたがって、
勝手に入って、部屋の中、犬スペース、を匂い嗅ぎ嗅ぎ、ウロウロしてました。
家の中には、きっとミーユの匂いが充満していて、
カノンはミーユがいるはずだと、探し回ってたんだと思います。

私たちにはわからないミーユの匂いが・・・・

IMG_3922.jpg

次の日は、ぽかぽかいいお天気。
トランは、ひなたぼっこ、デッキでお昼寝。

カノンは、デッキの下にもぐって、ヒュンヒュン鳴いていました。
しつこくしつこく・・・・
何かいるのかな? と思って見に行っても何もいません。
でも、ヒュンヒュン、ヒュンヒュン。。。。

このトランの寝ている下で、上を向いて鳴いているのです。
この敷物は、いつもミーユが寝ていたデッキのハウスの中に敷いていたもの。
カノンは、デッキの下にもぐると、上からミーユの匂いがしてくるから、
ヒュンヒュン言ってたのでしょう。
これを何度も繰り返していたカノンでした。

IMG_5494c.jpg


トランはミーユとくっついて寝てる気持ちだったかな。

カノンにもつらいびわ湖滞在だったのかもしれない。
でも、私たちが庭仕事していると、いつものように、
何でも手伝いまっせ(^^♪
と、そばにくっついてるので、私たちはほんとに救われます。

そして、”うちの浜”に白鳥が来ました。
IMG_3925s.jpg
遠浅です。

ほんとなら、ミーユと撮ってるところです。(笑)
IMG_3931s.jpg

IMG_3932s.jpg

夜はいつもミーユと寝ていた犬スペースで、ひとりです。
(寒くない?)
IMG_3919.jpg

庭では、私やパパちんにくっついて元気にしているカノンでしたが、
家の中では、ほとんどこのスペースで寝ていました。
今まで、ミーユがいるときは、リビングの私たちのいるところで寝そべっていたのに、
今回の滞在では、静かに一人ここに籠っていました。
ちょっと淋しいことでした。


| 琵琶湖 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

トランとカノン

ミーユが病気の間、トランとカノンはどうだったのか・・・・
かなりの時間をミーユの病院通いに取られていたし、
気持ちはほとんどミーユのことばかりだったし。
私はまったくお散歩に行かなかったけれど、
パパちんは欠かさず、毎日2匹をお散歩してくれました。
トランとカノンには、表面的には変わりなかったです。

ミーユは、立てない日はじっと寝ていて、
そうじゃなかったら、結構部屋の中を歩き回っていました。
カノンは、ミーユが大丈夫そうに見えると、
遊ぼうよ、と挑発するのですが、さすが応戦するまでの元気は出てきませんでした。
私は、そのうち、また二人のバトルが見れるかも・・・・と期待してたのですが。
カノンに、ミーユちゃんはしんどいねんから、ちょっかい出したらいけない、と
制止しなければなりませんでした。
カノンが軽く体を当てただけでふらついていましたから。

そして、ミーユの最後の日には、
トランもカノンも、何かわかっていたのか、
何度も、励ますように口元を舐めに行っていました。
がんばりや、って言ってるようにも見えました。

ミーユが死んでしまってからも何度か匂いを嗅ぎに行きましたが、
きっと違う匂いがしたのでしょうね・・・・・

そして、ほんとうに姿がなくなってから、
何日かの間、カノンはとても静かでした。
トランももちろん・・・・・
カノンは、静か、というより、神妙?というかなんだったのか、
とても変でした。
頭を垂れて、背中を丸めて、スゴスゴと暮らしているような感じでした。

ミーユがいなくなったこと、どう思ってたのでしょうね。
8年前、カノンが来たとき、ミーユはカノンを受け入れなくて、
とてもコワイおネェちゃんだったんですけど。

トランにとっては、優しい優しいお姉ちゃんでした。
小さくなって上手に遊んでやってたし。

私は、もう二人になったんだから、仲良くしなくちゃ・・・・って教えてます。
とにかく二人は、ライバル!
トランもパピヨン、気が強いですから、
もし体がもっともっと大きければ、喧嘩ばっかりしてるかも?

というこのふたり。
先日、暮れから2日まで長男家族が泊まりに来てくれてたんですけど、
長男ちには、ミニシュナがいます。
このコが、カノンを相手にするのはコワイので、
すぐにトランにチョッカイ出しに行きます。
トランは、勝てる相手でないので、怒ります。
けど、このミニシュナ、気にせずチョッカイ止めません。
それが、今まで知らんぷりだったカノンが、間に入ってトランを守ってるみたいでした。
それも一回や二回じゃなく・・・・・
何やかや言いながら、やっぱり、兄弟になってたのかなぁ・・・・って思います。
まぁ、今までも、一緒にじゃれ遊びをすることもあったんですけどね。

そして夕べは、こんなうふふなシーンも💖
IMG_1717.jpg
IMG_1719.jpg

| わん | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

新しい年になりました

あけましておめでとうございます
という気にはなれません。
人間なら、喪中欠礼というところですが、
犬なので、ここは常識人ぽく・・・・いきたいと思うものの。

年賀状も書けませんでした。
でも、いただいた方には出さなくちゃ・・・・
で、昨年のワンコ画像を並べました。
写真の選択に、いろいろと思い出して、涙。

去年の1月、元気だったよね、琵琶湖のお向いのなぎさ公園の菜の花畑に行った写真。
2月も元気だったよね、カノンと滋賀の家の庭で久々のバトルしている写真です。
3月は、下の息子家族と淡路島に一泊旅行しました。
そのあと、4月はお花見三昧の一日を楽しんだね、海津大崎のサクラ、奥琵琶湖ドライブウェイのサクラ、余呉湖のサクラ、マキノの千本桜、それからあの辺りあちこちの桜並木・・・・一日でいっぱい見ました。
5月のGWは毎年琵琶湖で過ごします。
6月も7月も8月も9月も時間があればびわ湖、いっぱい泳いだねぇ。
特に8月におマゴたちが来たときは、一緒に一日中泳いでいました・・・・元気そうでした。
10月にるり溪に行ったときは、びっくりするくらい元気に先さきと歩いて、お母さんまだぁ???って待ってくれてたくらい元気に見えました。
11月の4日から9日まで琵琶湖滞在したのが最後になるとは思わなかった。この時も、お散歩行こうよって、何度もパパちんを誘いに来て、庭から出るとさっさとひとりで行ってたね。
12月の写真は、退院直後でまた元気になれると思いました。前と同じように一緒にたくさん歩ける日がまた来るだろうって信じてたんだけど。

IMG_1333x.jpg
2016年1月・なぎさ公園

暮れの30日から、長男家族が泊まりに来てくれて、
元旦は、二人の息子家族とお昼と夜、一緒にご飯を食べて、
孫たちの元気さやにぎやかさに圧倒されつつ楽しく過ごしました。
ミーユが旅立った次の日、次男家族が来てくれて、その次の日の火葬には長男家族が付き合ってくれました。
そんなふうに、息子やおヨメちゃんに気持ちを支えてもらって、
孫たちに気を紛らわせてもらって、日々を過ごし、忘れたくても忘れられないながら、
なんとか10日が過ぎました。

ミーユは、14年という時間を一緒に暮らし、
24時間というパパちんとよりも長い時間を一緒にいたし、
あの触り心地、寄りかかったときの安心感は何ものにも代えがたく、
トランとカノンの2頭だけしかいない暮らしに慣れなくちゃ、と思うようにしているものの、
それはそんなに簡単なことではないです。
まだ、10日ですからね。
でも、ずいぶん長い時間が過ぎたように思えます。

| つれづれ | 22:34 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月