2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

≫ EDIT

鳩の卵

我が家の庭のモクレンの木に鳩が巣を作っているのに気付いたのは、11月13日のことでした。
それからいつ見てもハトは巣に籠っていました。
11月16日に私たちは滋賀へ出かけ
19日に帰ってきたときには、巣は空っぽになっていました。
そして、ハトは二度と帰っては来ませんでした。

先日庭掃除をしていて、地面に散り積もったモクレンの葉っぱを片付けていたら、
なんと、卵の殻を葉っぱの中に見つけました。
殻は完全ではなく、もちろん中は何もありませんでした。
でも、ちょうど鳩の巣の下にふたつ・・・・・
あのお母さんバトはちゃんと卵を産んで温めていたのですね・・・・
それがどうしてこうなっちゃったのか。。。。

なんだか、淋しさひとしおの一日でした。

IMG_1166.jpg
スポンサーサイト

| | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

今日はシャンプーした

もう、脱力の毎日・・・・
な~んにもやる気がしない。

トラン、可哀そうなくらいみすぼらしくなっていて
ずっと気になっていたんだけど。
ついに今日、シャンプー!!
あー、久しぶりにふわふわトラン、
もふもふトラン♡
ミーユもカノンも犬臭くって・・・・

三頭シャンプーすると、もう充分、
気力も体力も使い果たしました。

| ワンコ | 23:26 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

「だんだん」の味わい

毎日新聞11月22日日曜版
毎日っていいな―吉本ばなな より

私が寝るときになって夜パソコンの前を離れると、老犬のオハナちゃんはジャンプしてソファから飛び降りて寝室についてくる。
そして私がベッドに入るより先にベッドに飛び乗って、真ん中で寝はじめる。
私は何とかしてオハナちゃんの重い体をずらして、自分の寝場所を確保する。
それがずっと続いてきた私とオハナちゃんの歴史だった。
でも、最近たまに、オハナちゃんは寝ていて私が寝室に向かったことに気づかないことがある。私はそっとしといてあげたくって、黙って眠る。
するとしばらくしてきっとオハナちゃんは目を覚まして闇の中で私がもうそこにいないのに気づくのだろう、あわてて階段を上がってきて、ベッドに飛び乗ってくる。
その飛び乗りも三回に一回くらい失敗するようになった。
少しづつ別れのときが近づいてきているのをお互いに知っている。
やがて、オハナちゃんは自力でベッドに上がれなくなってベッドのわきで寝るようになるだろう。そのとき私は寝床を作ってあげるだろう。そしてそのうちオハナちゃんは底に一日中寝ているようになるのだろう。
どんなに犬を飼ってきても、決して慣れることのない過程だ。
昔はそれが辛くてしかたなく、いやでいやで、考えたくなかった。
でも、今はほんの少しだけ違うのだ。
今のこの幸せを思いつめず「一日でも長く続きますように!」と力んで祈るのでもなく、いっしょに、、そうっとそうっと、生きていく。
今日は今日、明日は明日。
その時が来るまでの時間を少しずつ割っていって、しっかり味わう。
悲しい変化があるごとに、そのときからの時間をまた小さく割っていく。
あの悲しい時間の中に底知れない豊かさがあることを、もしかしたら私は両親の詩の過程を見ていて、知ったのかもしれない。
両親が80を過ぎてから、毎日こわくてしかたなかった。そのときがじわじわと迫ってきているのがこわくて、会いに行くときに必要以上にいっしょうけんめいに心に焼きつけようとした。もしかしたらまだ私が若かったからなのかもしれない。
今だったらあの必死な感じを親に一切見せずに、のんびりとただいっしょに過ごすことに重点を置いたと思う。悪いことをしたけれど大きな学びだったなぁと思う。
それに、力もうと力むまいと肉親は肉親。ただなんとなく暮らしてきた体の時間のほうが勝手にいい時間を刻んでくれたような気がする。
(以下、略)


ちょっと違うけど、ミーユとオハナちゃんが重なる。
大型犬であるミーユが、13歳になった今でも2階への階段を上がってくれるなんて、
ほんとうに奇跡的に思える。
(トランはまったく軽やかに上がってきます)
ミーユと一緒にベッドで寝れるって、
毎晩毎晩、幸せやって思うし、目が覚めた時に足元にいることにも、毎朝のように幸せやって思ってるし。
いつまでもいつまでも、こんな日が続いてほしいって、毎日毎日思ってる。
目に見えるか見えないかわからないほどに、老いは来ている。
それは、私自身も同じ。

赤いワンピースを着て街なかを散歩して、
小さな男の子に「おとうちゃん、イヌがスカートはいてんでー」って言われたり、
知らないおばさんや女の子に可愛い~って言ってもらったりしながら、
楽しくて面白い思い出いっぱい作って、
ずーっと長生きして、もうええかな もうええよ ってバイバイできたらいいなぁ。。。。
(けど、どうせすぐに会えるもんね、私ももうそんな歳。)

IMG_0688c.jpg

| つれづれ | 00:24 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

毎朝

ミーユとカノン
毎朝やってます♫

IMG_0978.jpg

IMG_0997.jpg

| ワンコ | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

いなくなりました

11月16日から琵琶湖に行っていました。
(そして、白菜を収穫したのだけどね
19日に帰ってきたら、庭のハトの巣は空っぽでした。

IMG_1119 (1)

巣に気づいてから、いつも巣ごもっていたのに・・・・
次の朝も、ハトは戻っていませんでした。

きっと毎日毎日、モクレンの葉が散って、
巣が丸見えになりそうなのを予感したのでしょう・・・・
ここでは、子育ては出来ないと・・・・
とっても残念な気がしましたが、賢い選択でしたね。
反対にここで頑張って卵を産んでヒナが孵ったとしても、
雨をよける葉っぱもどんどんなくなって、
雛は死んでしまったことでしょう。
空になった巣を見るととても淋しいけれど、
雛が死ぬを見るのはもっとつらいから、よかったと思います。
もっといい季節に、戻ってきて子育てしてくれたらうれしいな。

IMG_1119 (2)

| | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月