2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

トンビのあかちゃん

ぴあののことで精一杯で、
UPしたいこといろいろああったけど、どうしても忙しくて。
気になっていたのが、トンビの赤ちゃんのこと。
5月21日に琵琶湖に日帰りで行ってきて(ぴあのは自宅で留守番)、
すばらしい光景が見れました。

巣の中には、ずいぶんと大きくなったヒナがちゃんといました。
IMG_1572_20130630233709.jpg

ぱっと見ただけでは、ヒナかどうかわかりませんでした。

肉眼では、トンビの巣はこんなです。↓

IMG_1585s_20130630233824.jpg

しばらくしたら、
ワッサワッサと羽音もすばらしくお母さんトンビが帰ってきたのです。

IMG_1595_20130630233708.jpg

エサを探してきたんですね。

IMG_1609s.jpg

そしてまた、ヒナはひとりじっと待っていました。

IMG_1588s_20130630233709.jpg

もうここまで大きくなったら、カラスに襲われることもないのでしょうね。
お母さん、ごくろうさまでした。
この後は、どうなったのかわかりません。
たぶん、無事巣立ったのだと信じています。

そしておもしろかったのが、

IMG_1617_20130630233823.jpg


トンビの巣の下の枝で、スズメが交尾行動をしていました。

トンビの赤ちゃんもすずめさんカップルも可愛いです。

スポンサーサイト

| 琵琶湖 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

最後の写真

カメラの中に溜まった写真、やっとPCに入れました。
その中の一枚、生きているぴあのの最後の写真。
この40分後に呼吸を止めてしまうなんて思いもせずに・・・・

私は、酸素ハウスの横に布団を敷いて寝てたのだけど、
その夜は、しんどいのか鳴くので私の布団に引っ張り込んだら
また知らない間にハウスに戻っていて、
また鳴くので、ふとんに引っ張り込んだら今度はそのまま朝まで私の腕の中にいました。
もしかしたら、戻るにももう動けなかったのかも とも思いますが。

もう、酸素は何日も前から使ってなかったので、
ドアは開けっぱなしで出入り自由、普通に暮らしていました。

朝8時にハウスに入れた時だったか、
この最後の写真を撮った時だったか、
ぴあの って呼ぶと、しっぽの先だけを振りました。
いつもなら、あの長いしっぽ全体をゆらゆらと振るのに。
あぁ、もう先っぽだけしか動かす力がないんだな って思いました。

IMG_1650s.jpg

なぜこの時撮ろうと思ったのかわからない。
そして、これが最後の一枚になるなんて思わなかった。


夜になっても動ないぴあのをずっと見てるカノン

IMG_1654s.jpg


ぴあのがいなくなって20日経っても
リビングにいないぴあのが、2階から降りてくるのを待つカノン(6月17日)

IMG_1884.jpg

ドアが閉まっていても、ドアの向こうにぴあのが来るかもしれない (6月20日)
IMG_1888s.jpg

こうしてぴあのを待つことも、ようやく少なくなってきたけれど・・・・もうすぐ1ヶ月。



| にゃんこ | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

残ったもの

元気な頃のぴあのの大好きだった場所、
リビングの棚の上に置いた天井まで届くキャットタワー。
最上段から外を眺めていたり、私たちを見下ろしていたり、
一番下の段は、ご飯の場所。
このタワーで爪とぎもしたしたし・・・

080615c.jpg

意外とその写真が見つかりません。
かろうじて、奥のほうに脚だけが写っています。

それから、ぴあののトイレ。
犬達が悪さをするので、フードつきだったので結構かさばっていました。
そういえば、ミーユがまだ4か月くらいの時、このトイレの中に頭を突っ込んで
何かしてると思ったら、ネコ砂(紙製)を食べてて、
次の日のうんちは、紙だったこともありました。笑

トイレの写真もないわ~

そのトイレとキャットタワー、今日、粗大ゴミに出しました。
いつまでも置いていても仕方ないしね。

考えてみれば、今までメイファーとシータがいなくなった後
彼女たちが使っていた何かを処分するということがありませんでした。
でも、ぴあのに関しては、続きのコがいないのですから・・・・
ネコトイレを使うコも、キャットタワーを使うコも。

たまたま、外に出た時にゴミ収集車が来て、
トイレもキャットタワーも中に放り込まれて、
あっという間にバリバリバリ・・・・と言う音を立てて無残な姿になり、
収集車の中に呑み込まれてしまいました。
サヨナラ

天国のぴあのは、やっとボクのトイレとタワーが到着した って喜んでるかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はまったく変わって、
今日、驚いたこと・・・私は時代遅れ???

今日銀行のATMでお金をおろしました。
そのうちのいくらかをお祝いに使うので
窓口に持って行って、新札に変えてください と言いました。
すると、窓口の行員は、手数料が315円要ります と言いました。
思わず、エ”~~~~!!と叫んでしまったわ。

窓口でお金をおろして、その時に新札で下さい というのはいいんだって。
訳わからんねぇ。。。。
今どき、315円の利息をつけようと思ったら、
ひゃくまんえん を一年定期にしてもまだ足りないんと違う?

今や、銀行はサービス業ではなくなったんやねェ。

| にゃんこ | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ロミオとジュリエット

今日は、お友達と宝塚を見に行ってきました。
ロミオとジュリエット です。
以前その友達と行った公演は、ジュリアスシーザーで、
話の内容はともかくとして、衣装も舞台も地味でした。

宝塚のイメージとして、きれいで華やか であるはずが
まったく違っていたので
それ以来、リベンジしなくちゃね
と言い続けて、やっと今回チケットも取れて行けることになったのです。

20130415-1013.jpg

期待通り、華やかな舞台でした。
もうひとつ、やっぱりベルバラ見たいですね。
またそのうち・・・・

| えふ | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

還付金詐欺

私じゃありません。
職場に今日来られたお客さん、
今朝、詐欺の電話あったんよ~ っておっしゃる。
どんな どんな? と興味津々聞いてみると、

昨年9月にハガキ出しましたが、
医療費の還付金29600円をお支払いしますので、
通帳を持ってUFJ銀行に行ってATMで操作してください。
と言うのだそうで。

その人は、最近お友達のお友達が被害にあったという話を聞いたばかりだったし、
その中身がそっくり同じだったらしくて、
ピンときたらしいです。
その友達の友達という方は、結果ATMから498000円を言われるがまま振り込んだそうです。

こうして、話を聞いてっると、
私は大丈夫、だまされないよ
って思うのですが、
実際その時は、信じてしまう心理状態になってしまうらしい。
彼女も友達からの話を聞いたばかりだったので
ピンときたんですって。

気をつけましょうね!!

IMG_1444s.jpg





| 暮らし | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

少し過敏だった?

13日の夜、食事前にカノンが胃液を吐く。
お腹空いてるからかな?ってご飯をやった。
一時間ほどしてから、すべて吐き戻す。

夜、一晩中と言っていいくらい寝ては起き、ウロウロを繰り返す。

次の朝、胃液を吐く。
獣医さんに電話して、朝ご飯をどうしたらいいか尋ねた。
一食抜いて様子を見てください、とのこと。

夜仕事から帰って、パパちんに聞くと
夕方一回だけ、胃液を吐いたらしい。

私が食事をしていて、お箸からポトリと落ちたおかずをすかさずペロリ。
いつもなら、オフ!というと、食べないのに・・・・
(私も食べ物を床に落とすなんてことはほとんどないし)
そのあと、また食べこぼすのを期待してべったりくっついてる。
そりゃぁ、お腹空いてるだろね?

晩ご食は、いつもの半分くらいにする。
20分後くらいにまたすべて戻す。
でも、戻すこと以外はいつもと変わらず元気。
どうしたのかな・・・・すごく気になるけど、思い当たる節もなく、
・・・・・

ところが、夜中の1時ごろ、カノンが少ししんどそうな様子。
呼吸も少し大きくなって、寝たり、起きては伸びするポーズを取ったり、
落ち着かないし、変。
胃捻転?かも?いや、胃捻転で戻したりしない?
このまま、朝に向かってどんどん悪くなったらどうしよう?
さっきまで元気だったのに、急に具合悪い様子だもの。

パパちんとふたり、朝まで心配して寝れないよりは、
病院に連れて行こう ということになった。

夜間病院に電話をして、症状を伝え、すぐ出かける支度。
夜中の一時半過ぎ、病院に着いたのは2時ごろ。
それから、問診、触診、次に眼球にライトを当てて・・・少し眼振がありますね
と言われた。
血液検査をしてもらって、CRP値が高かったけれど、原因ははっきりせず。
点滴をしてもらい帰宅。

とりあえずは、緊急性はなかったので、ほっとした。
けど、3万円!!覚悟はしていたけれど。笑

次の朝、また、水のようなものを吐いたので、
かかりつけの病院へ連れて行って、また吐き止めの注射をしてもらった。
(病院でも水様のものを吐く)

その後、元気になって今は元通り!!
なんだったのかなぁ って思うけれど、
ぴあのが亡くなったばかりなので、私たちも過敏になっていたのかもしれない。

| 病気 | 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ショックでした

ぴあのが亡くなった次の日は、お仕事がお休みで、
だから、亡くなる日の朝、
ぴあの、がんばってね、
明日はお休みだから、ずっとそばにいてあげるからね、
って、言ってたんだけど。
そして、6月3日からはしばらくお休みだから・・・・
って思ってたけれど、もうそんなに頑張れる状態じゃなかったね。

その日は、運よく(?)お兄ちゃんもお仕事お休みで、
火葬に付き合ってくれました。
パパちんとふたりより、お兄ちゃんもいるほうが、
私もぴあのも悲しいのがましな気がしました。
そういえば、お兄ちゃんはメイファーの時もシータの時もお仕事お休みで
一緒に行ってくれました。

シータの時と同じところで火葬をお願いしましたが、
前の住職さん(?)が亡くなられていて、
若い方が般若心経をあげてくれましたが、あんな変なお経は初めて聞きました。
ぴあの、仏教徒じゃなくてよかったね。
私には、犬や猫のお葬式もお経も要らないのです。

お経が終わって、ぴあのにお別れの言葉を書いて、
火葬台に寝かされたぴあのとお別れをして、
ぴあのは、煙になって空に昇っていきました。

1時間余りして、お骨だけになったぴあのに会いました。
とってもショックだったのは、
大きな便がふたつ、残っていたことです。
腰のあたりに直径2センチほどの丸い塊と
背中のあたりに長さ4センチほどのものが・・・・・
この腰のところの丸い便が、食欲を急激に落としたのだと思います。

25日の夜、今までになくすごく頑張って便を出そうと気張っていました。
でも、少し液状のものが出ただけで、便は出ませんた。
私も綿棒で少しでも出してやろうとしましたが、ダメでした。
獣医さんに電話したけれど、診察時間が終わっていて連絡が付きませんでした。

次の日、獣医さんに連れて行こうか悩みましたが、
病院嫌いのぴあのは、行くと状態が悪くなるのが最近よりひどくなっていたので、
やっぱり、連れて行かないほうを選んだのです。

でも、あの火葬のあとの便の固まりを見た時には、ショックでした。
無理してでも連れて行って、あれを出してもらっていたら、
また食欲が戻って、もう少し生きれてたのに・・・・・と。

1月に先生に出してもらったあと、食欲戻ったものね・・・・
そんなことを考えていると、悲しくてつらくて、ごめんねごめんね って涙が出てきて・・・
あの便が、先生に出すことが出来たのかどうかわからないけれど。
自分の気持ちを落ち着けるのに、ほんとに悶々としました。
今でも、ほんとうなら今も生きていてみゃぁ~って言ってくれてるかもしれないのに
と、考えてしまう。

少しづつ少しづつ、ぴあのがいない暮らしに慣れて行ってるけれど、
キャットフード、水素水、馬肉、缶詰・・・・
もっともっと生きていて大丈夫なようにいっぱい残したまま・・・
ワンコ達のご飯の時間、ぴーあの!!ごはんやで~ って呼んでみる。

ぴあののことが大好きだったカノンは、
死んだぴあののことをいつものようにずっと見てたし、
ぴあのの姿が見えなくなってからは、
2階にいると思って、リビングのドアのところで寝そべって、
ずっとぴあのが降りてくるのを待っていた、生きていた頃にしていたように。
4日ほど経ってようやくぴあのを待つのは、やめたみたい。
でも、帰ってきてほしいよね、カノン?
お母さんもそうだよ。

CIMG3736_20130608000113.jpg


| にゃんこ | 23:03 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ぴあの…一週間…

一週間たちました。
ちょうど私のお休みをわかっているかのように、
その前日の水曜日に旅立ったぴあの。
それも、私がお昼前には仕事に出なくてはならなかったから、
ぴあのは10時に行ってしまいました。
9時26分には最後の写真を撮らせてくれて、
しばらく家事をしていて、ふと、ぴあのが気になり、
そばに行くと、吐きそうだったので起こしてやって、
吐かなかったので、そのまま、お外を見たら気分が変わるかも って言って、
抱っこして外を見せてやりました。
でも、その時には、もうぴあのの体のどこにも力が入ってなくて、
だらんとしていました・・・首も生まれたてのあかんぼのようにくにゃくにゃでした。
そして、大きな息をふーっと吐いて、それから、小さな息をふっ、ふっ、と吐いたのが最後でした。
椅子に寝かせて、心臓に耳を当てたら、まだ、ドッドッと音がしていて、
それからだんだん小さくなりました。

お布団に寝かせて、ご飯をそばに置いてやりました。
お造りをおいてやってたんだけど、不思議なことに犬たちは盗み食いしなかったのです。
お花を買いに行く時間がなかったので、
庭のマーガレットとパンジーを飾ってやりました。

仕事に行く前に、それだけのことをする時間をぴあのはくれました。




おちゃめだったぴあの

一歳のころ

整理するために引き出しを抜いたら、その中に納まってしまったぴあの ↑



02410_20130606000632.jpg

缶ビールの空き箱の中にも入ってしまいました ↑



011214.jpg

もちろん、紙袋・スーパーの袋など、入れるところには・・・・ ↑
一緒に写っている子は、メイファーです。


仲良し

021226.jpg

シータに挑むぴあの・・・・けど、大御所シータは どうぞご勝手に と。↑ (2002年12月)
上にいる子は、ミーユ。


011211_20130606000633.jpg

メイファーと遊ぶぴあの。 ↑ (2001年12月)
ほんとに仲良しだった。


| にゃんこ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月