2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

バイバイ

長年連れ添った私の車、本日バイバイしました。
思えば、メイファーの亡くなった後、車検に出したスカイライン。
メイファーの思い出がいっぱいだったので
まだまだ乗るつもりだったのに、
たぶん、車屋さんの陰謀もあったかと思うのだけど、
車検に出したまま手放すことになってしまい、
それで新しく購入したのが、今の車でした。
この車は、ミーユと競技会に出掛け、オフ会に出かけ、
琵琶湖の家を建てているときに週に一度は通い、
ミーユとの思い出とともに歩んできた車でした。

ETCカードを入れるところは、最初から調子悪いし、
モニターはすぐに具合悪くなるし、5年目のころには画面が出たり出なかったり・・・・
キーもオートがきかなくなって、手動になってしまったし、
なにしろ、電気系統は次から次へと壊れていきました。
車自体には、愛着あったのですが・・・
といっても、もうすぐ9年になるのだから、仕方ありません。

それで今日、バイバイしました。
ちょっと淋しい・・・・
ひとつずつ、いろんなことが過ぎていく。。。

CIMG1921.jpg
≫ Read More
スポンサーサイト

| えふ | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

もう!!ほんまにっ!!

新しいパソコンがやっと設置されました。
ブログを更新しようと思ったら、パスワードがわからない!!
もう!!ほんまにっ!!
と、怒りながら、やっとこさっとこ管理ページに到達!
あー、疲れた・・・・

新しいパソコン、まだ、必要なものの引っ越しをさせることができず、
不便です。

で、この一週間の出来事の主なことは、
先週、カノン、アジ練に行ってきました。
ほんとのところ、脚のほうは完璧じゃないので
それを先生に伝えて、カノンペースでしていただけることになりました。
2週続けて練習に行けることって、めずらしいのです。
でも、私にとってもこれはいいことでした。
だって、前回のこと忘れ切っていませんから・・・・笑

アジを始めて何年になるのだろう???
初めて、よくわかる先生につくことができたので
ほんとはもっともっとしたいのですが、時間がありません。
ミーユもこの先生の指導ならきっと喜んでうまくやれてたと思います。
それは、とても残念な気がします。
私も練習をもっと楽しむことができたはずです。
言っても仕方ありません。

まぁ、もう競技会に出ることはないと思うし(日曜日もお仕事があるので)
練習の場所も遠いし、これが精いっぱいかな。
もっと若ければ、また違う考えもあるだろうけど、
今は、練習自体が楽しいからそれでいいのです。
先生も、競技会に出ないと言ってても、ちゃぁんと指導してくださるから、
本当にありがたいと思っています。
この調子でのんびりやらせていただきます。

それから、私の車ももうすぐ新しくなります。
いろんなことが一度に襲い掛かってきて
ホンマに忙しい日々でした。

| えふ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

なんと5か月ぶりのアジ練!!

前回は、10月に行きました。
11月はカノンは、琵琶湖でバケーションしてました。
12月は、私の行ける日に練習がお休みでした。
1月は、私のお仕事のお休みができませんでした。
2月の練習日は雨だったし、それよりもカノンが骨折の安静期終わったばかり・・・

そんなこんなで、今日やっと行くことが出来たのでした。

久しぶりということで、先生はまずシーソーを覚えてるかどうか練習してみましょう
と言われました。
一回目は、シーソーが下りる前に飛んでしまいました。
2回目は思い出したのでしょう、下りる前にソロソロとなって早い目にフセをしました。
3回目は、ちゃんといい場所で(ちょっと手前でしたが)フセをしました。
どっちかというと、思い出せないのは私のほうでした。

その次、10月にたくさん練習させてくださったけれど、ついに出来なくて終わってしまった
スラロームの練習でした。
驚いたことに、あれから練習することもなかったのに今日ほぼ出来たのです。
そして、左に付けてのハンドリングだとちゃんとできるようになってしまいました!!
カノンくん、君はすごいね!!
どこかで一人で練習してたの!?
でも、右に付けてはまだできそこないです。
今度行ったときには、できてるかもね????笑

それから、シーケンスをやって、そのあとコース練習をさせてくださいましたが、
私が青息吐息・・・長くもない脚が絡みそうでした。
全然速く走ってないのに・・・・お散歩でもう少し走らなくちゃならないね。
とりあえずは、運動不足が現実として自覚できました。笑

しかしそのあと、カノンの歩き方が気になって
少しびっこひき気味で
先生もそれに気づかれて、
カノンの練習はこれで止めておきましょうということに・・・
私も走るのに自信がなかったので、ちょっとラッキーかな?と思っていたら、
先生が、カノンくんは練習おしまいだけど、
まだ時間があるから、あなたはハンドリングの練習するのですよ とおっしゃったので
私は、W@0@W、まわりの人もw^ワ^w

それで、先生が犬役になってくださって、ハンドリングをしたのだけど、
ぶっちぎられてばかり・・・走り出すとそれまでの先生の指導をすっかり忘れてしまっています。
これじゃ、カノンが失敗するわけだわ・・・
私のハンドラーとしての未熟さを思い知らせてくれる練習でした。

やっぱり、アジ練は楽しい!!ねっ、カノン?

カノンは、明日にでも獣医さんに連れて行って診てもらってきます。

*********************************

ついにパソが壊れました。
おかしくなってきてるから、壊れる前に買い替えよう!!と思ってたのに
面倒くさくて重い腰がなかなか上がりません。
動いてると、ついつい騙し騙し・・・みたいに今日を明日に明日を明後日につないで・・・

で、ついに先週、ピーたらピュンたら変な音を立て始めたと思った次の日、
2度とモニターは何も映さなくなってしまいました。

今は新しいPCが我が家に到着するのを待っています。
これは、セカンドパソで書いています。
新しいパソにうまくバックアップできると不都合はないのですが・・・・
ドキドキ

| カノン | 23:16 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ミーユの検査結果

ミーユ手術から10日過ぎました。
今日、お仕事お休みなので抜糸に連れて行きました。
でも、まだ傷口が少し赤いので、まだ抜糸しないでおこうということに・・・

そして、心配だった検査結果は
1、化膿性炎症
2、乳腺腺癌 低悪性度
  良性乳腺混合腫瘍
ということでした。
言葉だけ読んでも、なんだかよくわからないのだけど
何しろ、3ヶ所しこりがあったから
それぞれ原因の違うしこりだったのでしょう。
とりあえずは、
今回の摘出により予後は良好である可能性が高い
ということでした。

ほっとしました。
いらない手術じゃなかったし、
取ってもらっててよかった~!!

まだ、少し水もたまってて
毛の剃り跡も痛々しい感じもしますが・・・・
本人は、いたって元気!すこぶる元気!!
私は、うれしいです。

そして、ちょっとうれしくないのが、ぴあの。
長い間、お医者さんには連れて行ってなかったのだけど、
たまには、血液検査くらいしておきたい。
口の中は、少し歯茎に赤みがあるけれど
口内炎を持ってる子にしたら、上出来 と言われました。
最近は、漢方のおかげか、ほとんど痛くないみたいです。
体臭も消えています。
口の中は、少し臭い・・・でもこれも減っています。

しかし、血液検査の結果、腎臓が少し悪くなりつつあるらしいです。
あ~ぁ、ぴあのはいつだって、一難去ってまた一難・・・・
また、戦わなくちゃならないわ。
がんばろね、ぴあの!!

| ミルフィーユ | 23:53 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

湖西のコハクチョウ

新聞読みましたか?
湖西の内湖で越冬中のコハクチョウのこと。
東映の撮影隊が、飛び立つところを撮りたいがために
爆竹を鳴らして脅かしていた という記事。
これが、今日の朝刊。
そして、夕刊には
コハクチョウは飛び去ったまま
もう戻てこなかった、と書いてあった。

私は、腹が立ってなりません!!

私は、琵琶湖に行ったときにこのコハクチョウを見るのが楽しみで
田んぼで群れになって餌をついばんでいるのを見れると
今年も会えたね、とホッとします。

こんなにたくさんのコハクチョウが琵琶湖に飛来するようになるには
何年もかかったそうです。

東映の撮影所は、野鳥センターに謝罪に行くそうです。
コハクチョウには、どうやってあやまんねん!!
スンマセンで済むんか!!

来年からもう来ないかもしれない・・・との危惧も。
また、この地を選んで飛来するまでに何年もかかるのではないでしょうか。
地元の人たちが大切にしてきたこの縁を
東映はどうするつもり!?
反省も謝罪もなんの意味も持たない、ハクチョウにとっては。

私は、東映の映画は見ません!!
不観運動をするで!!

今冬はカメラを忘れて撮ることができませんでした。
昨冬の写真です。↓

CIMG9704c.jpg

| 琵琶湖 | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月