| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぴあの

ぴあのが琵琶湖のおうちのほとんどの時間を過ごしたケージ。
脱走癖のあるぴあのは、しっかりと見張り番のできる時でないと
自由にしてやれませんでした。
ちょっと仏心をおこして、フリーにしてやろうものなら、
こちらのほんのちょっとした隙を狙って脱走!

一度は、帰らなくちゃならない日の早朝、
繋いでいたのにリードをつけたまま脱走。
ぴあのぴあのと呼んで一日中探し回りましたが、姿も返事もなく・・・
途方に暮れて、仕方ないからいったん帰って、すぐ戻って来よう・・・
と決心せざるを得なかったことがありました。
ほんとに泣きたい気持ちでした。
その夕方ギリギリの時間に、やっと帰ってきたときはどんなにほっとしたことか。
その時は、リードをつけたままだったので、
どこかに引っかかって動けなくなっていたのでしょう。
一生懸命、引っ張って、やっと脱出できたのだと思う。
リードはボロボロになっていました。

それでも懲りず、その後も脱走してましたが・・・・
だから、家じゅうを締め切って、大丈夫な時間だけフリーにしていました。

でも、自宅から車に乗って琵琶湖の家に着いて
ぴあのを家に入れると、一目散に先ずはこのケージに入るのが常でした。
そして、帰るときは、イヤだぁーとばかりにこのケージの中から出て来ず
引きずり出すのに一苦労。
毎回毎回、同じことの繰り返し・・・・ネコってね。笑

そんなふうにして、ぴあのが滋賀で過ごした5年間でした。

(ここまで書いて、タイムアップ。下書き保存のつもりが公開にしてしまっていました。m(_ _;)m
続きも読んでください。)

8月19日、ぴあのが神さまのところへ帰って2度目のお盆が過ぎました。
いつでもこちらへ帰って来れるように と
ぴあののケージ、そのままにしていたんですが・・・・
やっと、片付ける決心がつきました。
帰ってきたら、またすぐに組み立ててあげるからね、と
心の中でつぶやきながら。

IMG_6717.jpg


そして、この夜、犬たちは静かに寝そべって
私は雑誌をぱらぱらと見ていたんです。
その時、にゃぁ↗ としり上がりなネコの声が聞こえました。
尻上がりに 「にゃぁ↗」 というのは、まさにぴあのの鳴きかた!
私が聞いたのと同時に、カノンもすぐ階段の下に走って行きました。
トランも反応しました。
みんなで2階に上がっていって、ぴあのを探しましたが
いませんでした・・・・・

ケージが無くなって、ぴあのは居場所がない って言ったのでしょうか。
もういつでもフリーなんだからね、
好きな場所で、寝転がっていたらいいんだからね、
と、見えないぴあのに言い聞かせました。

スポンサーサイト

| にゃんこ | 15:18 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ぴあの

5月29日
ぴあのの命日
たった一年前のことだもの何ひとつ忘れてないよ。
今日と同じ、いい天気だったこと、
みんなお散歩に行ってて、
私と2人だけの時間に死んでしまったこと。

一年の命日にお墓に入れようと
ずっと思ってたけど、やっぱりダメだった・・・・

ぴあの、帰ってきてもいいんだけど。
カノンもまだ待ってるよ。

DSCF6107w.jpg

トランとぴあのの仲良し画像がたくさんあります。
晩年はもうしんどかったからでしょう。
トランが遊びに行っても、うるさそうに無視していました。
病気にならなければ、もっと遊んだねェ。。。。

カノンが来たときにはすでに病気してましたから、
ほんとにうっとうしかっただろうと思います。
ごめんね、ぴあの。





| にゃんこ | 23:19 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

5ヶ月半ぶりに!!

久々にネコ抱っこした。
(この画像の抱っこしてる人は飼い主)

IMG_3690s.jpg

ぴあのよりも小さくて背中も黒が多くて
おしっぽも短くて・・・・
なんだけど、ぴあのと同じ白黒の八割れ・・・
と~~~~っても懐かしくて、ぴあのを抱いてるような気持になって
やっぱり、ネコも好きだなぁ って思う。

ぴあのは鼻が黒かったのだけどね。


トランとツーショットも撮らせてくれた。

IMG_3695s.jpg

これはぴあの
piano-s.jpg

| にゃんこ | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

東北 大船渡で・・・・

ホテルから、犬の散歩に出た
ずっと向こうのほうに見えたネコ・・・模様がぴあのそっくり!
そばへ行きたかったけれど、カノン連れてるから無理
カノンだって、ぴあのかと思って大興奮するだろうから
ネコ、逃げちゃう

カメラも持ってなくて、スマホでやっと・・・
せめて、カメラ持ってたら、ズームして
この子がぴあのかどうか確かめることが出来たのになぁ・・・

DSC_0352c.jpg

| にゃんこ | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

最後の写真

カメラの中に溜まった写真、やっとPCに入れました。
その中の一枚、生きているぴあのの最後の写真。
この40分後に呼吸を止めてしまうなんて思いもせずに・・・・

私は、酸素ハウスの横に布団を敷いて寝てたのだけど、
その夜は、しんどいのか鳴くので私の布団に引っ張り込んだら
また知らない間にハウスに戻っていて、
また鳴くので、ふとんに引っ張り込んだら今度はそのまま朝まで私の腕の中にいました。
もしかしたら、戻るにももう動けなかったのかも とも思いますが。

もう、酸素は何日も前から使ってなかったので、
ドアは開けっぱなしで出入り自由、普通に暮らしていました。

朝8時にハウスに入れた時だったか、
この最後の写真を撮った時だったか、
ぴあの って呼ぶと、しっぽの先だけを振りました。
いつもなら、あの長いしっぽ全体をゆらゆらと振るのに。
あぁ、もう先っぽだけしか動かす力がないんだな って思いました。

IMG_1650s.jpg

なぜこの時撮ろうと思ったのかわからない。
そして、これが最後の一枚になるなんて思わなかった。


夜になっても動ないぴあのをずっと見てるカノン

IMG_1654s.jpg


ぴあのがいなくなって20日経っても
リビングにいないぴあのが、2階から降りてくるのを待つカノン(6月17日)

IMG_1884.jpg

ドアが閉まっていても、ドアの向こうにぴあのが来るかもしれない (6月20日)
IMG_1888s.jpg

こうしてぴあのを待つことも、ようやく少なくなってきたけれど・・・・もうすぐ1ヶ月。



| にゃんこ | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT