| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日やっと血液検査

トランがあまり食べないしアルブミンも低かったので、
病院から豚の膵臓から作られているという消化酵素をもらっていて、食後に飲ませていた。
全く食べないときはやらなくて、それが先週の金曜日にやっとなくなった。
先生は、これはたいていの犬が好んで食べて、食欲も上がるとおっしゃってたけど、
トランにはなんの効果も見られず、好きでもなさそうで、私にとっては面倒なことだった。
普通なら、食事に振りかけたら喜んで食べる、はずのものらしいのだけど。

それがなくなったら検査しましょうということだったので、今日やっと連れて行った。

トランの好きなものを毎回トッピングして、それは食べてもドライは残したりするので、残すのが続いたら強制給餌もして、体重は今日2.25キロ。
そして、検査の結果は💮

201707101239303d4.jpg

アルブミンは全くの正常値になっていました。
もう少し体重はふやしたいので、まだまだ頑張らなくては‼️
でも、心配事がひとつ減ったので、ほっとしました。
スポンサーサイト

| トラン | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

トラン、検査結果

トランのおしっこが、検査に必要な量たった2.5mlがなかなか採れないのです。
お散歩にも、採尿シートやトレーを持って行って、採ってみるけど、マーキングのおしっこなんて
0.1mlにも満たなかったり。(^◇^;)
今朝早く、トランが起きて、お水を欲しがったので、水を入れてやって、チャンスかもと‼️とトレーを持って待ち構えてたら、案の定おしっこしました‼️
トレーにうまく採れて、ほんのちょっとだけど、シリンジで吸い上げてみたら、2.5mlにより少し余りました‼️
やったね٩(^‿^)۶
時計を見ると、朝5時。
もう一寝入りして。

朝一番で病院へ持って行って検査。
心配していたタンパク尿ではありませんでした。
ホッとしました。

でも今思うと、低アルブミンの原因について聞いてくるのを忘れています。
先生とは、お話しないままだったので。

まぁ、とりあえずはまた2〜3ヶ月ほど後にまた血液検査をしてもらうことにしました。

| トラン | 15:23 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

トラン

6月9日、トランのフィラリアの検査をしてもらった。
健康診断の血液検査もしてもらった。
12日に検査結果を聞きに行ったら、アルブミンの数値が低かった。
正常値の少し下、2,5でした。
うちの子たちの食事は、ドライフードに野菜と肉類の煮たものをトッピングしています。
トランは、鶏肉類が好きで、フードは残しても鶏肉は食べます。

そんなことを言うと、じゃぁ栄養的には足りてますね。
では、一番可能性の高いのは腎臓かもしれません、
ということで、尿検査をすることになりました。

急がないということなので、まだ検査はしていません。
まだ、腎臓が悪いという症状は出ていないと思います。
多頭飼いは、飲む水の量とかおしっこの回数とかがとても分かりにくいです。
共同水飲み場と共同トイレなので・・・・
気にしてみていても、以前がどれくらいだったか、意識してなかったのでわからないです。

そういえば、6月の初めから、トランの食欲は落ちています。
なぜかわからない・・・・もしかして車の中で熱中症だったかも?と思い当たることが・・・・

体重も2.15キロに落ちていました。
ほんとに食べないことのほうが多いのですから。
体重も減るはずだし、もしかしてコレデアルブミンの低いのも、
栄養失調なのでは? と思ったりも。

フードもいっぱいいろいろ変えてみてるし、トッピングも市販のレトルトも試してみたり。

今日から、再びエビオス錠を飲ませています。
エビオスは腎臓にも効くし、食欲不振にもいいらしい。

IMG_3401s.jpg
淡路島・ホテルにて

明石海峡公園
国営明石海峡公園にて

| トラン | 23:21 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

また、トランが!!

今日の夕方、カノンがトランを襲いました。
トランは何もしていません。
おっきい子のハウスで寝ていただけです。
カノンは、興奮状態になったとき、目の前にトランがいると咬む。
咬むっていうけど、襲って咬むから、ほんとに怖い。

トランは、もう、すごいトラウマ。

どんなふうに襲われたのか、口から血が出ていて、
歯が一本、床に落ちていました。
触ると痛がるので、口を開けて見ることができません。
しばらくしたら、上唇が腫れてきたので、念のため獣医さんへ連れて行きました。
痛み止めやら、化膿止めやら、の注射をしてくださいました。
それから、痛みが治まるのを待って、口の中を丁寧に見てくださいました。
なんとか緊急事態は免れたようです。

カノンもちまきが来て、自分ではわかってないけれど、
精神的に落ち着かないのもあると思います。
トランにしてもそうです。
トランもカノンやちまきを警戒している様子。

これからもっと気を付けないと・・・・・トランが殺される、なんて事態もあり得ないことではない。

| トラン | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

死ぬかと思った

私は、PCを使っていました。
パパちんが突然大きな声を出しました、アーッ!!  って。
ちまきがソファの上でおしっこを始めてました。
その声に驚いて、逃げました。
私は、おしっこを拭こうと思ってトイレシートを持ったところで

トランの悲鳴!!キャンキャンキャン
カノンがトランに襲い掛かっています。
私はあわててそばに走ってカノンを離そうとした途端、
カノンはトランの頭を銜えて持ち上げたのです。

もうダメかと思いましたが、
カノンの口を外すとトランは大丈夫でした。
しばらくしてから、トランは長い時間、震えが止まりませんでした。
夜、耳を触ると悲鳴を上げます。
鳴くので、じっくり見ることができません。


たぶん、パパちんの大声で
ちまきが逃げたとき、トランを蹴ったんじゃないかと思います。
けられたトランがキャンキャン怒って、
パパちんが大声を出したときに、
極度に緊張していたカノンがトランの声にパニックになってしまって
トランを襲ったんだと思います。

ほんとに怖いことです。
一歩間違えば、トランは死んでしまうところでした。
普段は何事もなく、ソファーからカノンを退かせる時も
ワンワン吠えて、カノンを退散させるほどのトランなんですけど、
大きな犬が、パニクってしまったら、命を左右するほどのことが起きます。

ちゃんと的確なコマンドを使いましょう。

| トラン | 00:02 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT