| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トランとカノン

ミーユが病気の間、トランとカノンはどうだったのか・・・・
かなりの時間をミーユの病院通いに取られていたし、
気持ちはほとんどミーユのことばかりだったし。
私はまったくお散歩に行かなかったけれど、
パパちんは欠かさず、毎日2匹をお散歩してくれました。
トランとカノンには、表面的には変わりなかったです。

ミーユは、立てない日はじっと寝ていて、
そうじゃなかったら、結構部屋の中を歩き回っていました。
カノンは、ミーユが大丈夫そうに見えると、
遊ぼうよ、と挑発するのですが、さすが応戦するまでの元気は出てきませんでした。
私は、そのうち、また二人のバトルが見れるかも・・・・と期待してたのですが。
カノンに、ミーユちゃんはしんどいねんから、ちょっかい出したらいけない、と
制止しなければなりませんでした。
カノンが軽く体を当てただけでふらついていましたから。

そして、ミーユの最後の日には、
トランもカノンも、何かわかっていたのか、
何度も、励ますように口元を舐めに行っていました。
がんばりや、って言ってるようにも見えました。

ミーユが死んでしまってからも何度か匂いを嗅ぎに行きましたが、
きっと違う匂いがしたのでしょうね・・・・・

そして、ほんとうに姿がなくなってから、
何日かの間、カノンはとても静かでした。
トランももちろん・・・・・
カノンは、静か、というより、神妙?というかなんだったのか、
とても変でした。
頭を垂れて、背中を丸めて、スゴスゴと暮らしているような感じでした。

ミーユがいなくなったこと、どう思ってたのでしょうね。
8年前、カノンが来たとき、ミーユはカノンを受け入れなくて、
とてもコワイおネェちゃんだったんですけど。

トランにとっては、優しい優しいお姉ちゃんでした。
小さくなって上手に遊んでやってたし。

私は、もう二人になったんだから、仲良くしなくちゃ・・・・って教えてます。
とにかく二人は、ライバル!
トランもパピヨン、気が強いですから、
もし体がもっともっと大きければ、喧嘩ばっかりしてるかも?

というこのふたり。
先日、暮れから2日まで長男家族が泊まりに来てくれてたんですけど、
長男ちには、ミニシュナがいます。
このコが、カノンを相手にするのはコワイので、
すぐにトランにチョッカイ出しに行きます。
トランは、勝てる相手でないので、怒ります。
けど、このミニシュナ、気にせずチョッカイ止めません。
それが、今まで知らんぷりだったカノンが、間に入ってトランを守ってるみたいでした。
それも一回や二回じゃなく・・・・・
何やかや言いながら、やっぱり、兄弟になってたのかなぁ・・・・って思います。
まぁ、今までも、一緒にじゃれ遊びをすることもあったんですけどね。

そして夕べは、こんなうふふなシーンも💖
IMG_1717.jpg
IMG_1719.jpg
スポンサーサイト

| わん | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

メイファーの命日・お彼岸

今日、3月20日は一番最初に6歳でいなくなったメイファーの命日でした。
2002年だから、ちょうど13年前になります。
あの日のこともほんとにリアルにリアルに覚えています。
命日は20日なんだけど、夜中の2時に亡くなったので、
20日の朝にはもうおふとんでじっと寝てるだけで・・・息もせず、に。
そして、その4年後の4月20日にシータが、
その7年後にぴあのが天国へ帰って行きました。

メイファーとシータのお骨は骨壺に入ったまま、
ぴあのはまだ間がないので、全骨おいたまま・・・・
ぴあのが亡くなったとき、
次のお彼岸には、メ―ファーとシータと一緒にお墓に入れよう・・・
と、思ってたのですが、
お彼岸の中日に、寒かったり雨が降ってたりしたら、
可哀そうで入れる気にはなりませんでした。

ずっと置いたままだったら、成仏できへんよ・
いいねん、成仏せんで、そばにいてくれても・
それは可哀そうや・
成仏できへんかったら、つらいのん?・
そうらしいよ・

なんて話を聞くこともありました。
それはいいのだけど、やっぱり、いつまでもそんな形でそばに置いておくのも・・・
という気持ちもありました。

今日、季は春、暖かくて気持ちのいいこんな日に送ってやろうと。。。。
メイもシータもぴあのも ようやく土の中、
花に埋もれて、すべて土へと帰って行きました。

IMG_8557s.jpg

ぴあのが死んだとき、タクままが送ってくれた花に添えられていたカードと
庭の花の下にみんなのお骨があります。
このままを土をかぶせて、また、お花で飾りました。
スミレとスイセンを植えました。

IMG_8561.jpg

みんなに会って、もうさよなら と思ったら、涙が出ました。
でも、忘れない、忘れられない、ずっとずっと。

IMG_8550w.jpg

メイファーを見送った日は、モクレンがやっと咲き始めた日でした。
亡骸に添えたのを覚えています。
今年は少し遅いかな?

IMG_8563.jpg


| わん | 23:50 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

呼ぶなよ!

今日河川敷を散歩していたら
堤防の階段を上がって帰って行くビーグルを連れたじいさん、
突然、その下を歩いているカノンに バイバイ と言った。
カノンは、ただ通りがかっただけ
何の関係もない。
今までもしゃべったことも挨拶したこともない。
カノンはそのじいさんのほうを見ただけ。
するとじいさんもう一度、
ワンちゃんバイバイ と言った。
カノンはノーリード。
あきらかにカノンの注意を引いてそばへ来させる魂胆ありあり、に思えた。
でも、知らんじいちゃんのそばへ行くより
おかあさんのほうが気になったらしく(ほっていかれそう・・・と)
そのじいさんのことは無視。

ちょっと腹立ったのよ。
だって、その階段駆け上がったら車ビュンビュン通ってる道じゃない!!
わざとかい、じいさん!?
アンタに声をかけてもらう筋合いはひとかけらもないでしょが!!

カノンは私のコマンドで行かない自信はあるので何にも心配しなかったけどね。

| わん | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

え!?お預かり???

朝、私は検診で近所のお医者さんへ。
ミーユとカノンは、ケージの中でお留守番。
早い時間だったので、30分くらいで帰ってこれた。
な、なんと!!
リビングへ入ってみると、カノンが走り回ってるぅぅぅ!!!
ケージの鍵の閉め方が中途半端だったんだ。

でも、お洗濯のネットを散らかしてるくらいで
他には被害なし。
いつから、脱出してたのか知らないけれど、
これがラブだったら、こうはいかん!
部屋の中は、失神するくらいになってたことでしょうね。

それから、遅い朝食をやる前にミーユの体重を測ってみたら、
この前(18日)よりまた少し減っている。
あのとき、25キロを切っていたので食事の量を増やしている。
なのに、減ってるなんておかしい。
ヒートももう一年もないのも気になっている。
でも、食欲はあるし、毛づやもいいし、便もふつう。
どうしようかと悩んだ挙句、ぎりぎりの時間に獣医さんに行った。

こんな時間でもいいですか?
と聞いたら、いいですよ と言われ診察してもらうことになった。
助手さんが、体重を測ったり、熱を測ったりしてくれて、
それから、先生の登場。
先生は
預かりになります
とおっしゃる。
私の頭の中は、??????
え?そんなに悪そうなの?と一瞬にして心配に。

で、よく聞いてみると、先生は他の患犬をCTとってもらうために
他の病院を予約してあって、もう出かけなくてはならないから
ということだった。
ほっ。

でも、ミーユはきっとそんなことイヤだろうと思うので
また、来週にでも出直すことにした。
ああ、ほんとに ほっ。 としました。

病院へ行くのに、カノンはおうちでお留守番。
帰りに久しぶりにミーユとトラン、2頭だけの散歩しました。
最近はいつもカノンが一緒だから、たまにはふたりにサービスね。
河川敷公園をたくさん歩いたのだけど、
なんて楽だったこと!!
こんなに楽ちんでスカみたいな散歩をつい最近まで、出来てたんだわ~


ということで、
夕方は、初めて3頭連れのご近所散歩を実施してみました。
いつもどおりに家から歩き出したけど、
カノンのリードをショートリードに取り替えました。
ふつうの長さのリードで河川敷歩くみたいにアッチコッチされたら危険危険!
首輪も、ハーフチョークに変えました。
カノン、初めてのハーフチョークです。
ちょこっとお友達のところまで行って帰ってきただけなんだけど、
はっきり言って、たいへんでした。
まだまだ、無謀なことだと思いました。
カノたん、早く上手に歩けるようになってね~
CIMG9056.jpg



| わん | 21:40 | comments(10) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGE-SELECT |